イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

PIANA(質問主)


犬アイコン 犬 6歳 メス シベリアン・ハスキー

体重:26kg

飼育歴:5年4ヶ月

居住地:静岡県静岡市清水区

飼育環境:屋外

今まで黒っぽいと思っていた愛犬の唇が、かなりはっきりとしたピンク色でビックリしています。運営している愛犬のブログで過去の記事と見比べてもピンク色が強く出てきている気がしました。ただ写真を撮る時フラッシュを使ったので、その影響かもしれないと思う部分もあるのですが。調べてみるとドッグフードに使われている添加物が原因の場合もあると書いてありましたが、わが家では完全無添加のアカナというフードを与えていますし、後は人間用のお肉類に野菜を添えて与えています。病気の場合もあるそうなので心配です。

日時2017-08-10 22:19:38

専門の獣医師からの回答

本症例ですが先ずは、掛かり付け医を受診してください。
受診のサインは、何時もと違うと言う事です。
もし病的状態と判断すれば、適宜な検査を行ってもらえるでしょう。
それでも納得出来なければ専門医を紹介してもらえば解決すると思います。
ただ気になるのは、屋外飼育とのことですので熱中症が気になります。
現状の日本において極一部の地域を除いて夏は最悪の状況です。
ハスキーは、北方系の犬の代表的な犬種です。
20℃を超えてくると相当な暑さです。
25℃を超えると最悪です。
よく考えて飼育環境を適正にして下さい。

日時2017-08-21 10:10:26

PIANA(質問主)


ありがとうございました。飼育環境ですが、基本は屋外ですが夏は部屋と外を自由に行き来できるように、クーラーをつけたままドアを解放しています。部屋にいる時は私の部屋で1日中クーラーと扇風機をつけています。設定はだいたい23℃くらいです。

日時2017-08-21 12:10:04

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: