イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

きなこ(質問主)


犬アイコン 犬 14歳 メス プードル(トイプードル)

体重:2.5kg

飼育歴:13年11ヶ月

居住地:東京都世田谷区

飼育環境:室内

14歳のトイプードル、メスです。
特に体調等の**合は見られず元気いっぱいですが年齢によるものなのか皮膚にいぼのようなものがいくつかあり、大きくなっているように思います。
色はピンクで顔、首、背中など様々な部位にあります。
本人は背中にあるものは気になるのか噛んでかさぶたになったりしています。
気付いたらやめさせていますが、この先それがばい菌が入ったり等、何か悪いものに繋がったりするかもと少し心配です。
取り除けるものであればレーザーで焼いたりしたほうがいいのでしょうか。 宜しくお願いいたします。

日時2017-06-02 15:58:23

専門の獣医師からの回答

14歳で元気いっぱいとのこと、とても素晴らしいことですね。老犬の皮膚に出来る「いぼ」の一般的なものに「皮脂腺腫」があります。この腫瘍は単一で出来る場合と、体のさまざまな場所にいくつも出来る場合があります。ゆっくりですが徐々に大きくなり、放置すると直径1~2cmになることも珍しくありません。大きくなるに従い表面が潰瘍を形成して少量ですが出血したりもします。この腫瘍は外科切除で通常治癒します。レーザーでの処置や、直径5mm程度までの大きさであれば液体窒素で凍結させて腫瘍を壊死させる「クライオサージェリー」という方法もあります。
掻き壊したり気にして咬んでいるようでしたら愛犬にとって負担の少ない方法で処置や切除を検討するのも良いと思います。その場合、動物病院によって処置の方法が異なりますのでよくご相談されると良いでしょう。
  ただ、皮膚の出来物といっても実際には色々な種類があり、悪性のこともあります。大きくなる速度が速かったり、周囲に赤く炎症を伴うような場合は注意が必要です。悪性のおそれがある場合は、切除前にサンプリングした組織や、切除した組織の病理組織検査を受けておかれると安心です。

日時2017-06-07 15:03:16

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: