イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

なつめ(質問主)


猫アイコン 猫 7歳 メス 雑種

体重:不明

飼育歴:4年9ヶ月

居住地:香川県東かがわ市

飼育環境:室内

現在は元気。先程まで起きて餌を食べたりしていた。この所ピンク色の尿が2週間に1回の割合で出てる気がした。今日さっきでた尿がちょっと強めのピンク色でびっくりした。飼い主には甘える様子。いつも通り。尿も朝した尿は黄色。

一年前から嘔吐がみられ通院。急性腎不全、尿毒症(血中のリンの値の上昇)を指摘される。一時は毛艶も悪く、元気もなく痙攣発作のようなものを起こしていたが静脈点滴と腎血流改善役で回復。元気になり獣医師に凶暴になり点滴は中止。服薬は毎日欠かさず、現在に至る。腎臓病食摂取中。通院中の体重は横ばい。動物病院に体重測定に行った所飼い主をひっかくほど暴れたので体重測定中止。獣医師からは本人のQOLを大切にし飼い主への負担を減らした治療でいきましょうと言われている。

今回のひどいピンク色の尿は何が原因と思われるかと、止血剤は効果的かということと、ふーちゃんのこれからのことが心配なこと。

朝、病院へ家族が行き容態を伝えると獣医師が止血剤を処方。

日時2017-05-12 03:15:11

専門の獣医師からの回答

尿がピンク色になったことが心配事のようですが、その原因が腎臓や膀胱、子宮(避妊手術で卵巣と子宮を摘出している場合は除外)、膣などのいずれであるかが問題ですね。年齢が7歳と若いので、腎不全の原因もしっかり検査する必要があります(慢性腎不全からの急性増悪なのか、尿管結石などによる急性腎不全なのか)。すでに腎不全の治療をされているようですが、その前にしっかりした腎臓の検査(どうして腎臓が悪くなったか)を再度された方が良いかもしれません(すでにされているなら良いのですが)。
 一般的には、ピンク色の尿が出た時には、腎臓から膀胱、尿道の形態的評価をして異常がみられなければ、尿検査をして細菌や尿石(結晶を含む)の有無を検査します。細菌が検出される場合は、抗菌薬が選択されます(血がでる原因が細菌であれば、止血剤より抗菌薬を優先します)。検査や治療に協力的な猫ではないようなので、大変でしょうが、ピンク色の尿への対策と同時に、腎不全の原因究明も再度行ってはどうでしょうか。

日時2017-05-12 17:31:47

なつめ(質問主)


ご丁寧な返信どうもありがとうございました。獣医師も止血は根治にはならないでしょうということを言っていました。検査や治療が非常に嫌いなので元気なうちは獣医師も本人にストレスを与えまいとしているようです。病院嫌いなのが治療を後手後手にしているようです。
今日は普段なら遊びに夢中で私の呼ぶ声にも無関心なのに今日は呼び声にも反応したり私にベッタリなので心配します。

日時2017-05-12 19:37:05

猫の皮膚病は飼い主が気づくことが多い病気です。よくある事例や飼い主が気づけるポイントを、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: