イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

ありすママ(質問主)


犬アイコン 犬 12歳 メス ミニチュアダックスフンド

体重:5.0kg

飼育歴:12年2ヶ月

居住地:東京都新宿区

飼育環境:室内

ミニチュアダックス 雌 12歳の乳腺腫瘍について質問です。
2013年の10月に右第5乳腺から直径8mm、直径3mmの2つ腫瘍を摘出しました。
病理検査の結果2つも良性で、湿潤もなく境界明瞭な為腫瘍は完全に摘出されたのとのコメントが書かれていました。
また残存する過形成乳腺から腫瘍が発生することによる見かけ上の局所再発もよくあるとも書かれていました。
その手術の際に避妊手術も行いました。

そして本日手術をした箇所と全く同じ所に1つしこりを発見しました。
大きさは前回と同じ5mmから1cmくらいです。
すぐに病院に電話をしましたが主治医の先生が本日お休みで明日の予約になってしまいました。
今不安で不安で仕方ありません。
完全切除出来た良性腫瘍が全く同じ箇所から再発することはあるのでしょうか?
新たな悪性の腫瘍の可能性が高いでしょうか?
コメントに書かれていた見かけ上の局所再発とはどういう事なのでしょうか?

しこりの写真を添付します。
ご回答頂きたくお願い致します。

日時2016-09-24 14:33:35

専門の獣医師からの回答

手術してから、もうすぐ3年になる状況と理解します。乳腺腫瘍の手術の方法は、広範囲に切除する方法(片側乳腺全切除、両側乳腺・・・)と部分的に乳腺を切除する方法がありますが、文章からすると、部分的に腫瘤を含む乳腺を切除したように感じます。過形成乳腺からの見かけ上の局所再発は、手術直後のことが多いと理解しています。今回の腫瘤は、3年前の手術の際にすでに存在していて(顕微鏡レベルのものもある)、徐々に大きくなったものなのか、または新たな原因で発生した腫瘤(別の乳腺にできた腫瘍、乳腺炎、その他)かは、診察して検査(触診、レントゲン検査、超音波検査、細針生検など)しないとわからないと思います。無数にある乳腺に発生する腫瘍は、完全に切除されていると書かれていても、完全に切除されていると思われる程度に理解しなくてはいけないのかもしれません(単発のものより、複数発生したものはもう1つ、2つあるかもしれません)。乳腺腫瘍に対してかなり神経質になっている方は、生まれて初めての発情前に手術されますので、数年間、卵巣ホルモンなどに暴露された乳腺は、残念ですが完全な乳腺腫瘍の発生、再発を抑えることはできないと考えます。

日時2016-09-27 09:27:48

「上下関係のために犬は甘やかしてはいけない」。こんなしつけ方は正しいのでしょうか? のべ10万頭以上の実績がある専門家が、最新のしつけ理論を動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: