イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

チョコ(質問主)


猫アイコン 猫 16歳 オス アメリカンショートヘア

体重:3kg

飼育歴:16年1ヶ月

居住地:

飼育環境:

肛門嚢になりました。病院で膿を出してもらいました
膿がねっとりした物で量も多量だったので、少し切りました、術後2~3日は軽く流血してました。獣医さんからは傷口を舐めないように、カラーしてもらい経過を見ています。本日で5日経ちました。傷口も閉じてきてます。何よりも元気。大小便快調。餌も完食。このまま
様子を見ていこうと思ってます。傷口を診せに行くのも
猫にストレスです。また、出来た時は診せに行きます。
この考え方は間違ってますか?
ご回答のほど、宜しく御願い致します。
川西市在住。室内。病歴なし。

日時2016-05-28 15:39:25

専門の獣医師からの回答

症状は、肛門嚢炎で快方に向かっています。
炎症をたき火に例えると今の状態は、火がくすぶっている状態で完全に火を消さないと再燃する可能性があります。
様子を見て再度炎症がおこれば受診する考えには疑問があります。
火種を残し様子を見るか、完全に火種を消し様子を見るかどちらが高齢の動物にとって有益でしょうか。
確率として治療して火種を消す方が再燃の可能性は低下します。
外見から皮膚が閉じて治ったように見えても内部では炎症が残っている場合もありますので治癒したかどうか、もう一度病院に行かれることをお勧めします。

日時2016-06-06 13:36:58

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: