イヌ・ネコの健康医療相談

愛猫の猫ニキビがひどくなり薬を塗っています。何かアドバイスはありますか

飼い主からの相談に専門の獣医師が回答します

ココルル(質問主)


猫アイコン 猫 5歳 メス シンガプーラ

体重:2.6kg

飼育歴:4年7ヶ月

居住地:

飼育環境:

昨年の6月頃に、猫ニキビと言われている挫創がポツポツ
気になり始め、その時はあまり気にしていなかったんですが、それから11月頃になって赤くなってきたので病院でビクタス S MTクリームを処方して頂きました。
それから少し落ちついていたのですが,完治はせず
チンキ剤も良いと言うのでペパーミント他のハーブで薄めて食後にタオルで軽く拭いた後に付けたりしておりました。
それでまた、ここ最近になって酷くなりビクタス S MTクリームを塗りだしているのですが、あまりタオルなどで拭かずに何もしない方が良いのでしょうか?
ご飯もウエット系やスープなどは顎に付くのでドライにした方が良いのかと思っておりますが、アドバイス頂ければ幸いです。

日時2016-03-22 13:46:00

専門の獣医師からの回答

感染症を起こしている可能性があります。ビクタスも抗菌剤などが入ったお薬ですが、ステロイドも入っていて、漫然と使用する薬ではありません。抗生物質なども漫然と使用していると効かなくなります。一度、動物病院で見てもらった方がいいでしょう。ひどければ違う塗り薬や、飲み薬もあります。
ハーブは民間療法でしょうからどうでしょうね。もっとしっかりとした消毒剤のほうがいいと思います。
フードが顎につくのであれば、それはやめた方がいいです。ドライを食べるのであれば、ドライがいいですし、もしウェットしか食べないのであれば、食後によく拭く必要があります。食べ残しは雑菌が繁殖しやすくなります。細菌やカビなどのチェックが必要です。

日時2016-03-22 19:11:09

ココルル(質問主)


ご丁寧に回答を有り難う御座います。
やはり、ステロイドが入っているのですね。処方して頂く際に先生に確認したのですが返答が違ったので安心しておりましたが、改めて他の病院で診て貰おうと思います。フードは、顎に付いている感じがしますが再確認してみます。有り難う御座います。

日時2016-03-22 19:33:01

専門の獣医師からの回答

 猫の痤瘡は、下顎の先に小さな黒いブツブツしたものが付着しているのを見つけて気付くことが多いようです。この黒っぽいツブツブは毛孔に皮脂と表皮の剥がれた細胞とが詰まったもので、面皰(めんぽう)と呼ばれます。
 猫の痤瘡の原因は明らかでなく、アレルギーやホルモンバランス、環境ストレスなど色々なことが関与していると考えられています。また、痤瘡は慢性化しやすく、二次的に細菌や真菌の感染が起きると炎症を伴って患部の赤みと痒みが増してきます。重症化すると皮膚が厚くなって皮膚の深部と繋がる瘻孔が形成されて益々治り難くなります。
 したがって、清潔を維持する。食事やプラスチックの食器などアレルギーの原因になりそうなことに配慮する。猫が自分で患部を過剰に掻いて傷つけることが無いように気を付ける必要があります。悪化するようであれば細菌や真菌、ニキビダニの感染が無いか検査を受けることが必要です。
 患部を清潔にするために、湿らせたコットンやガーゼで丁寧に汚れを拭き取ったり、*菌効果のある動物用のシャンプーで洗うのも良いでしょう。ただし、シャンプー後はシャンプー成分が残らない様に十分なすすぎが必要です。また、刺激の少ない消毒液などを動物病院で処方して頂かれると良いでしょう。
 現在使用しておられる外用剤は通常の皮膚炎で処方されることの多い動物用の優れた外用剤です。それでも効果が無く悪化してくるようであれば、一度動物病院で患部に二次的な感染が起きていないか検査して頂かれることをお勧め致します。感染が重度であれば、感染菌に有効な薬剤の外用や内服によって症状を改善出来ると思われます。
 スープ状のフードは確かに顎に付着しそうですね。食後に顎や口の周りをきれいに拭き取ってあげては如何でしょうか。
 完治は難しいことが多く、時々悪化を繰り返しますので、気長にケアしてあげて下さい。 

日時2016-03-25 13:05:47

ココルル(質問主)


ご丁寧に有り難う御座います。
確かに、ここ最近になって黒いブツブツでなく小さく赤いポチポチになってきており、まだ自分では痒みなどは自覚がないようなのですが、これ以上悪化させたくないと思っています。
食後は、温めたタオルを顎をメインに拭いているのですが、あまり触らない方が良いのか?刺激しない方が良いのかと思ったりもしたのですが、拭いた方が良いと言うことで安心致しました。
また、食器は陶器に替えて少し食べやすい様に斜めになっている物にしました。シャンプーは、重曹のものにしたのですが抗菌には弱いかもしれませんので、探してみます。
今、処方されている薬は2度目なのですが、また診察して頂いても同じかな?と思い、他の病院でセカンドオピニオンで診て貰った方が良さそうですね。
内服によっても改善が出来るかもしれないと言う事で
少しでも良くなればと思います。
原因が分かれば良いのですが、繰り返すこともあるとの事で、気長に見守りながら改善していきたいです。

大変、参考になりました。

日時2016-03-25 13:24:52

猫の皮膚病は飼い主が気づくことが多い病気です。よくある事例や飼い主が気づけるポイントを、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: