イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

516(質問主)


犬アイコン 犬 11歳 メス 柴

体重:5.5kg

飼育歴:10年7ヶ月

居住地:

飼育環境:

 3、4歳のころから皮膚に異常が見られるようになり、それからずっと皮膚アレルギーに悩んでいます。
 症状が見られるようになった初期のころに検査をしたところ、牛肉、鶏肉、大豆等の食物アレルギーがあることがわかり、しばらくは手作りフードを続けました。ところが大きな改善が見られないまま、手作りのためにナトリウム不足に陥ったため、3年ほど前からカンガルー肉のフードを使っており、今年になってかかりつけの動物病院で進められたフード(写真で添付しました)を与えています。
 この間、内服薬を与えている期間もありましたが、肝臓に関わる数値が極端に悪化したため、この2、3年はなんの薬も与えていません。
 なんとなく状態が良くなったような気がする時もあるのですが、基本的にはいつも手足の先や脇、目のまわりなどをかゆがり続けています。特に昨年秋ごろからは状態が悪化し、添付した写真のように首回りの毛が抜け、四肢の脇(付け根)も黒ずんできました。
 そのため費用が高額になるので躊躇していた減感作療法を、今年1月から2月いっぱいまで行いました。毎週1回注射を打つ減感作療法です。
 なお、薬用シャンプーについてはずっと、月1回程度おこなっています。
 これだけのことをしても、改善のきざしが見られません。今年5月で11歳になるので、様々な療法が効きにくくなってるのかもしれません。それでも、少しでも快適な時間を過ごしてもらいたいと考えております。
 これ以上、ほかにどんな治療の選択肢があるでしょうか? ご助言をいただきたく思います。

日時2016-02-29 11:05:03

専門の獣医師からの回答

 長年、アレルギー性皮膚炎でお困りとのこと。犬種や症状および経過などから、「食物のアレルギー」だけでなく、ハウスダストマイト(室内のちりの中に含まれるダニやダニの死骸)や植物の花粉、その他環境中のさまざまな物質が皮膚のアレルギーを引き起こす「アトピー性皮膚炎」も合併していることが考えられます。
 食物アレルギーの治療では、自家製の手作り食や専用フードによる除去食療法を試してみること、アトピー性皮膚炎では、環境中にあるアレルギーの原因物質を除去したり接触をさけたりすることが重要ですが、現実にはさまざまな理由で困難を伴います。そのため、体の側のアレルギー反応を軽くするためにステロイド剤や免疫抑制剤を使用したり、アレルゲンを微量に投与する減感作療法(アレルゲン特異的免疫療法)が行われたりします。また、皮膚のバリアー機能(外部から皮膚にアレルギー物質や細菌が進入するのを防ぐ)を改善させるためのケアとしてのシャンプー療法、痒みの大きな原因となる皮膚表面の感染をコントロールするための抗生物質や抗真菌剤の投与を上手に行う必要があります。
 すでにこれまで色々な治療をしてこられたとのことですが、アレルギー性皮膚炎は完治する疾患ではなく、動物と飼い主の双方が受け入れられる程度に症状を抑え、その状態を維持することが大切です。
 月1回のシャンプーを続けておられるとのこと、シャンプーは大変重要で効果的な治療手段です。これから暖かくなる季節です。主治医の先生と相談してシャンプーの間隔を短くすることや、被毛にアレルゲン物質が付着していることから、全身の毛を短く刈ったり柔らかい素材の服を着せたりすることも推奨されています。シャンプー後はドライヤーを用いずに必ずタオルで十分に拭いて乾かし、リンスするなど保湿することも重要です。
 自宅で出来るシャンプー療法の重要性をもう一度見直し、主治医の先生と相談のうえで積極的に取り組んでみられてはいかがでしょうか。そのうえで皮膚の変化と症状の強さに合わせて様々な薬やサプリメントなどを有効に使われることをおすすめ致します。
 海外には犬のアトピー性皮膚炎の治療薬として承認されている「オクラシチニブ」というお薬があります。この薬が国内でも使えるようになればアトピー性皮膚炎の症状のコントロールが今よりも容易になることが期待されています。この点も主治医の先生に時々たずねてみられるといいでしょう。

日時2016-03-10 17:49:39

516(質問主)


 たいへん丁寧なご回答をいただき感動しております。誠にありがとうございます!
 まずはさっそくかかりつけの動物病院の先生に電話をし、まずはシャンプーをできれば週1回くらいのペースでやってみることにしました。
 先生は、今年の秋ごろには、アトピー性皮膚炎の新たな治療薬や日本でも認可されると言っていました。それが「オクラシチニブ」なのかもしれません。動物病院で入手できるようになったら、さっそく試してみようと思います。

日時2016-03-11 10:40:23

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: