イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

ふわふわ(質問主)


猫アイコン 猫 13歳 メス ラグドール

体重:3.2kg

飼育歴:12年11ヶ月

居住地:大阪府吹田市

飼育環境:室内

いつもお世話になっております。
本日は、13歳ラグドールの慢性胃腸炎の今後の治療方針についてご相談させて下さい。

経過を以下に記しました。

▪️2020.12
激しい下痢でSAAが54、急性胃腸炎との診断。FIP抗体1600倍。
▪️2021.02
ワクチン後に体調を崩し、SAA 56。
▪️2021.08
FIP抗体1600倍。
▪️2021.12
1日に複数回の嘔吐と激しい下痢があり、救急病院で検査。血液検査、レントゲン、エコーに大きな異常は見られない。季節性の胃腸炎では?と言われる。

主治医の先生からは慢性胃腸炎の診断で、抵抗力が落ちた時に胃腸炎の症状が強く出ていると言われました。

現在は対症療法にて落ちついてきましたが、今後はどの様に治療を進めて行くのが良いのでしょうか?

餌はユリナリーs/oを与えています。

なお、普段から月に2〜3回は嘔吐があり、時々便の最後が緩い事があります。
嘔吐は主に早朝、カリカリを食べた後にしている様です。

どうぞ宜しくお願い致します。

日時2021-12-12 16:44:14

専門の獣医師からの回答

 診断を主治医から受けておられますので、別の方向から考えて回答したします。
 まず、コロナウイルスの抗体価が少し高めです。ペットショップやブリーダー、動物病院の先生は問題ないと回答するところが多いように思われます。1600倍は高齢にしてはやや高めですが、症状からみて軽症です。
 抗体価が高い場合はFIPを疑います。抗体価の高い症例にワクチン接種すると体調を崩すことがありますので、今年の2月、ワクチンによるストレスでこのような体調を崩してしまったこと、SAAが高値でさがらないというこも考えて、コロナウィルスによるFIPが怪しいと考えます。ウィルスによる慢性の胃腸炎です。
 低用量のプレドニゾロンなどのステロイドを投与して症状を観察することも方法です。

日時2021-12-20 16:14:27

ふわふわ(質問主)


お返事ありがとうございます。

SAAは定期的な血液検査で毎回測っているのですが、高かったのは胃腸炎になった昨年12月とワクチン後の2月だけで、他は正常値でした。
ですので、ずっと高値のまま下がらない訳ではないです。

血漿蛋白量が毎回6.0前後で高くならない事から、主治医の先生からはFIPではないと思うと言われておりました。

しかしながら、抗体値1600倍は高齢猫としては高いと伺い、FIPの可能性としては否定出来ないのだと思いました。

次回通院時にステロイドの使用について、主治医の先生に相談してみます。

いつも的確なご回答をありがとうございます。

日時2021-12-20 17:36:46

ネコヘルペスウイルスやネコカリシウイルスといった病原体によって症状は異なります。猫風邪の予防となるワクチンについて、猫専門病院の服部幸先生が詳しく解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: