イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

らん(質問主)


猫アイコン 猫 4歳 メス アメリカンカール

体重:3kg

飼育歴:3年9ヶ月

居住地:滋賀県大津市

飼育環境:室内

2週間前にワクチンを打ちに行った時に耳も見てもらったら外耳炎と診断されました。
そこから洗浄に通っていたため、だいぶ良くなったと診断されましたが、
3日下痢が続いた、
頭をふったときにふらついてこける、
ご飯を食べない、体重は2週間で100グラム減った、
眼振がある、右に傾いている
という症状がでてきました。
病院では、輸液をしてもらったためか左腋の下が腫れていました。

日時2021-07-25 19:23:59

専門の獣医師からの回答

前庭障害の症状が推察されます。
末梢性前庭症候群は中耳の炎症が原因であることが一般的ですが、中耳や内耳の異常が疑われない場合は、脳幹や小脳に原因がある中枢性前庭症候群のことがございます。
外耳炎で通院しておられたとのことですので、前庭障害の症状が推察されます。
外耳よりも、もう少し奥に問題がないか(例えば中耳炎や鼓室包炎など)、診て頂かれることをお勧め致します。
どうぞお大事になさってください。

日時2021-08-04 00:54:36

なぜ猫は腎臓病になりやすいのでしょうか。腎臓病の原因、代表的な症状、検査の基準値について、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が解説します。猫の健康に役立つ知識が身につく「まなびばsippo」をご覧下さい。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: