イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

ぼのぼの(質問主)


犬アイコン 犬 16歳 メス 雑種

体重:3.6kg

飼育歴:16年3ヶ月

居住地:大阪府大阪市鶴見区

飼育環境:室内

ご相談させて頂きます。
どうぞよろしくお願い致します。

今年3月僧帽弁閉鎖不全症と診断され
現在朝夜ピモベハート12.5を1錠服用。
服用始めてから体調変化なし。

6月頭に右側下顎腫れ受診歯石沈着酷くその為によるものと診断。抗生剤7日間服用により症状おさまる。

高齢なので心配もあり歯石除去の相談をかかりつけ医ではなく歯科専門医に診てもらい心筋メーカーの検査により数値が2700なので心臓の薬を追加でアピナック3分の1錠追加。
その後服用開始すると日に日に元気がなくなり
1日中寝ている状態、本来食いしん坊のはずが食欲不振、ぐったりしている、震えもたまにあり心配で病院に連絡し、アピナックの服用を止めたいと連絡するが服用を続けてくださいとの事。
その後受診で薬の副作用は考えにくいとの事だったのですがお願いして服用を中止してもらう。
その後元気も戻り、食欲不振も収まりピモベハートのみの服用で調子はいい。
やはり数値2700では歯石除去は難しいですか?
アピナック錠は必要でしょうか?
どうぞご回答よろしくお願い致します。

日時2021-07-12 09:46:36

専門の獣医師からの回答

端的にいうと、歯科専門医に心臓を診てもらって、心臓の治療を開始したら調子が悪くなったということなので、まずは、心臓病をトータル的に診てもらっているかかりつけ医に相談されてはいかがでしょうか。
心臓病は命を脅かす病気ですので、まずは心臓の適切な治療を行い、必要であれば歯科処置というのが順番です。全身麻酔下で歯科処置を行いますので、麻酔ができる心臓なのかという判断が必要です。
 全身麻酔のリスクは必ず付きまといますので、歯科処置で万が一のこともあるという覚悟も必要です。全身麻酔に絶対安全という概念はありません。

日時2021-07-19 09:46:27

「犬がしっぽを追いかけるのはストレスのサイン?」「犬のストレス解消には多頭飼いは有効?」こんな疑問はありませんか?犬のしつけの専門家が原因や対策を説明します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: