イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

みるきー(質問主)


犬アイコン 犬 6歳 メス ミニチュアダックスフンド

体重:5.2kg

飼育歴:0年2ヶ月

居住地:神奈川県川崎市宮前区

飼育環境:室内

前の子が亡くなってしまい、この1月から5歳の保護犬を飼い始めました。ブリーディング引退犬です。前の子と同じ名前、同じ犬種、性別、同じ毛色の子で、前の子にしてあげられなかったことをしてあげたいと可愛がっています。最初こそクレートの奥で丸まっていましたが、今では私べったりになってしまい、一緒にいる時は常に抱っこ、避妊手術、歯石除去、抜歯をしてからはゴハンもお水も抱っこしながらでないと受け付けません。さすがにべったりすぎるのではないかと心配しています。今はまだ体調も戻ってないから(手術6日目)なのでしょうか?それとも分離不安なのでしょうか?ゴハンは固形を嫌がり、ちゅーるのような液状のものを手のひらから舐める程度です。まだ口の中が痛いのかなとも思いますか歯固めの木はかじっていていてそれも疑問です。

日時2021-03-10 13:02:33

専門の獣医師からの回答

ブリーダーで飼育されていた犬であれば、以前から抱っこして食事や水を与えられていたとは考えづらいですね。麻酔前にはそれなりの検査を行なっているという前提で書きますが、今後のこともありますので、人間との適切な距離感も大切であると考えます。食事は固形フード、おそらくドライフードのようなものと思いますが、それを食べないのは、検査で見つからなかった体調に問題があるのか、またはあまりお腹が空いていないのかもしれません。好きなものは食べるような感じですので、空腹になる(成犬では通常4,5日以上,1週間未満が多い)と多少のものは美味しく食べれるのが普通ですので、参考にしてください。歯固めで・・・と書かれていますが、歯固めとは、人で乳歯の萌出時に違和感等を感じるに行なうものと思いますが、犬での乳歯の萌出は生後1-3か月齢の頃ですので(この時期に歯固めの必要を感じたことは個人的にはありません)、抜歯時に行うことではありません。ましてや、硬い木は歯の磨耗や歯肉への悪い刺激等から行うべきではないと考えています。分離不安症の心配ですが、全部とは言いませんが、それを誘発しているのは飼い主の行為(過剰な介入)のことが多いので、べったりと離れられない関係になるのではなく、一歩離れた位置(適切な距離感)で見守ることも大切な愛情の一つと私は考えます。

日時2021-03-13 08:38:36

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: