イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

おじょー(質問主)


犬アイコン 犬 17歳 オス チワワ

体重:4.5kg

飼育歴:16年3ヶ月

居住地:神奈川県横浜市旭区

飼育環境:室内

我が家には17歳になるチワワの老犬になります。
去年の6月にいきなり倒れたので病院に行ったところ心臓病と腎臓病になっていました。
その日以降は食事は腎臓用のkd缶を食べさせて、薬は心臓のものを飲ませていました。
普段通りとはいかなくても週1、2回ぐらいは少しだけ公園でお散歩したり、食欲もしっかりあって病気というのを忘れてしまいそうなくらい穏やかに過ごしていました。
ですが一昨日の夕方に体調がいきなり急変して病院に翌日連れて行ったところ心臓がかなり肥大化していたことと、更に糖尿病も発症していました。ひとまず心臓病のお薬を1つ増やして様子を見てから糖尿病の治療とお話しがあったのですが、かなり高齢ということとインスリン注射のリスクもあるので、治療しないと寿命が縮むのはわかりますが、今後どのような選択が良いのか悩んでます。
正直費用のことも気になりますし、できる限り穏やかな日を過ごさせてあげたいです。

日時2021-02-24 13:07:49

専門の獣医師からの回答

 心臓の肥大とありますが、心臓が大きくなっているという意味だと思います。本当に肥大しているのであれば、肥大型心筋症ですが、犬ではあまり多くありません。可能性的には、犬種からも僧帽弁閉鎖不全症ではないかと思います。
 そして、腎臓病があるんですね。心臓病も腎臓病も、軽度から重度までありますので、どの程度の悪さなのかはわかりませんが、いずれにせよ、心臓病や腎臓病のお薬を服用される必要があります。
 また、糖尿病を合併したとのことですが、糖尿病は血糖値をしっかりとコントロールしないと命に係わることになります。血糖値によってはインスリンの注射が必要だと思います。小々の血糖値の上昇であればインスリンを投与せずに経過を見ることもあるでしょう。
 どのような選択がいいかは、この文章だけではわかりませんが、この子が少しでも楽になるような治療の選択が必要だとおもいます。心臓病は、肺に水が貯まってくると一気に呼吸がしんどくなります。また腎臓病が悪化しても、気持ち悪くなり食欲の低下や嘔吐などを引き起こします。両者とも命に係わる病気です。基本的には、薬は病気の進行に合わせて増えてきますので、治療費はかさんでくると思います。特に今から暖かくなると飲水量が増えるので心臓病の子にはつらい時期になってきます。ただ、リスクはありますが、減らせる薬もあるかもしれません。糖尿病も含めて、この子が少しでも平穏に暮らせるような薬の選択を担当の先生と相談されてはいかがでしょうか。

日時2021-02-27 10:10:03

愛犬の目元や足元のケアはしていますか。目元ケアに使えるローションや、模型を使いながら目元の拭き方を紹介します。ヤマザキ動物看護大学の福山貴昭先生が解説します。犬との暮らしに役立つ「まなびばsippo」をご覧下さい。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: