イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

iku(質問主)


猫アイコン 猫 8歳 オス 雑種

体重:4.6kg

飼育歴:5年11ヶ月

居住地:埼玉県さいたま市見沼区

飼育環境:室内

急性腎不全の猫の食事について

宜しくお願い致します。
野良猫でしたが元気がなく嘔吐が酷かったので保護、当時(推定3才)はBUN140、CRE11.9で主治医より腎臓が殆ど機能していないとの診断を受けました。夜間救急で川口の総合病院にて全身の精密検査。felv.fiv陰性でした。一晩入院し翌日急性腎不全との診断。退院後同日から主治医の元で輸液など1週間の日帰り入院をし、以降輸液、セミントラ、レンジアレンなど用い2016年以降数値がともに正常値範囲内になったので2〜3年前から薬はやめ、輸液(3回/月)のみ続けております。

保護当時3kg程だった体重は6kgに増えていたのですが2019年5月頃より減り始め現在4.6kgです。毎月の検査に加え先月詳しい血液検査をしたのですが数値上は異常なしです。保護から現在まで療法食を食べておりますがタンパク質を補いたい旨主治医に相談、少しなら良いでしょうとの事でした。

肉食の猫に療法食を食べさせ続けても大丈夫なのでしょうか。タンパク質制限については色々な説明があり迷います。正常値の猫でも療法食はやめない方が良いですか。タンパク質を補うには今後どのような食事を摂らせたら良いですか。長文すみません。

日時2020-10-27 09:50:54

専門の獣医師からの回答

CRE2.0mg/dl以上の慢性腎不全の猫に腎不全用のリン制限食を与えると生存期間が有意に伸びるというデータがいくつかあります。それをもとにCKDステージ2(CRE1.6~2.8)以上の猫では腎不全用の療法食を与えることが推奨されています。ただし、筋肉量の低下もCKD猫の予後悪化因子なので、補液をしていても体重減少がみられる場合は蛋白制限を弱めることも提案されています。それで蛋白制限の緩い腎不全療法食もいくつか出ています。また現在、腎不全用のアミノ酸サプリメントも利用できるようになってきたので、そういった製品を利用されることをお勧めします。

日時2020-10-29 10:11:32

iku(質問主)


不必要な物を減らす事ばかり気にしておりましたが、必要な物を補う事も大事でもっと早く気がついてあげれば良かったと思います。アミノ酸について教えて頂きありがとうございました。

日時2020-10-30 01:49:34

猫の皮膚病は飼い主が気づくことが多い病気です。よくある事例や飼い主が気づけるポイントを、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: