イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

BF(質問主)


犬アイコン 犬 3歳 オス ラブラド-ル・レトリーバー

体重:28kg

飼育歴:2年6ヶ月

居住地:京都府与謝郡与謝野町

飼育環境:屋外

肉、魚の生食についてお伺いします。お世話になっている獣医師は火を通した方がとおっしゃいます。ただnetなどでは生食の優位をアピールされているものもあり、迷っています。ご意見をお聞きします。
1.肉は野生の鹿の解体業者から仕入れています。人用として販売されている 商品です。-20°で1ヶ月以上保管されています。一月分を購入し、家庭用冷蔵庫の冷凍室で保管、1週間分を解凍し焼いて冷蔵庫保存し与えています。
2.魚は主にイワシですが、地元漁協に水揚げされた新鮮なものを捌き焼いて与えています。
以上の条件下でトッピングとして用いています。生食で若返ったとか聞くと危険がなければとも思いご意見お伺いします。

日時2020-07-23 20:25:14

専門の獣医師からの回答

きちんと処理された食材が届いていて、ご自宅での保管や調理にも十分注意しておられるのですが、食餌は毎日のことであり、かつ長期にわたるものですので、細菌や寄生虫などのことを考えますと、栄養価もさることながら加熱処理による安全・安心のメリットのほうが大きいと考えます。

日時2020-07-25 18:06:58

愛犬の目元や足元のケアはしていますか。目元ケアに使えるローションや、模型を使いながら目元の拭き方を紹介します。ヤマザキ動物看護大学の福山貴昭先生が解説します。犬との暮らしに役立つ「まなびばsippo」をご覧下さい。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: