イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

キナコ(質問主)


犬アイコン 犬 1歳 メス ポメラニアン

体重:2.4kg

飼育歴:0年11ヶ月

居住地:大阪府大阪市西区

飼育環境:室内

先月1歳になったポメラニアンを飼っています。
去年の12月、散歩中に片足をあげてスキップの
ような歩き方をしていました。
足に何か異常があるのかと思い、病院に
行きましたが、特に異常はないと言われました。
それ以降も度々スキップのような歩き方を
する事があったのですが、一時的だった為
様子を見ていました。
動きも活発で食欲もあり、健康状態も
特に問題は感じてはいませんでした。
散歩が大好きで、ポメラニアンは
あまり長時間の散歩は避けた方がいいと
分かっていたものの1、2時間散歩する時も
ありました。
そして今年の6月に病院へ行く機会があり
まだスキップのような歩き方をする事を
伝えた際に、後ろ足の膝関節が外れやすく
なっているらしく、今の状態が2の段階だと
言われました。
おそらく傷んでる為違和感や痛みは
少なくとも感じていると言われました。

今でも元気に歩いて散歩は問題なく
出来ます。ただ一回の散歩でスキップ歩きが
2、3回程度とまれに座り込んだり、急に足をなめたりする時があります。
病院の先生からは
状態2なので、予防の手術をするか、
手術をせずに日常で気を付けることを選ぶか
その選択は検討してください
と言われています。
1番の最善の選択肢がなんなのか
様々な情報を集めて決めようと思うのですが
犬にとって、なにが1番の選択なのでしょうか。

日時2020-06-14 08:31:13

専門の獣医師からの回答

膝蓋骨脱臼の質問ですね。
膝蓋骨脱臼は小型犬に多い疾患で通常内方に脱臼します。
状態2というのはグレード2ということですよね。
グレード2の場合、通常は脱臼していないが何かの拍子に脱臼するがまた元に戻る状態です。
一般的にはグレード2で手術を行うことは稀です。
ただこの子はまだ若いですので、今後グレードが進行する可能性は十分あります。
関節系のサプリメントで経過を観察し、グレードが進行した場合に手術を行うのが良いかと思います。
麻酔のリスクなどもありますので必要のない手術はなるべく避けるべきだと思います。

日時2020-06-15 19:56:06

キナコ(質問主)


お返事ありがとうございます。

日常での予防を行いながら
なるべく手術は避けたいと思います。

サプリメントにも色々な種類が
あると思うのですが
オススメのサプリメントなど
あれば教えていただきたいです。

又、パテラ予防対策として
サポーターがあると思うのですが
サポーターの効果は
あるのでしょうか?

日時2020-06-15 23:18:18

専門の獣医師からの回答

サプリメントとしてはグリコフレックス、アンチノールなど色々なものがありますが、この場で何が良いかをお勧めすることはできませんので、かかりつけの先生と相談して飼い主様が決めてください。
サポーターですが、私個人としては使用経験がありませんのでどこまで効果があるかはわかりません。
材質、サイズなど適切なものを選ばなければ皮膚がこすれて赤くなったり、関節の動きを変な風に制限したりして逆効果になる可能性もありますので注意して下さい。

日時2020-06-16 16:03:55

キナコ(質問主)


ありがとうございます。
とても参考になりました!

日時2020-06-16 20:56:02

「上下関係のために犬は甘やかしてはいけない」。こんなしつけ方は正しいのでしょうか? のべ10万頭以上の実績がある専門家が、最新のしつけ理論を動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: