イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

まー(質問主)


犬アイコン 犬 15歳 メス ミニチュアダックスフンド

体重:4.4kg

飼育歴:14年8ヶ月

居住地:兵庫県宝塚市

飼育環境:室内

クッシング症候群による神経症状についての質問です。

愛犬が昨年の6月急性膵炎になり、その後様々な検査の結果、軽度のクッシング症候群であることが分かりました。
クッシング症候群の原因が下垂体腫瘍の場合が多いことや、全身麻酔のリスクを考慮した結果、MRIなどの詳しい検査はせずに、昨年11月からアドレスタンの投与を開始しました。
投与開始後初のコルチゾール値の検査の結果はCOR-pre 1.6 COR-post 7.7 と良好で、その後も基準値をキープしていました。
しかし今年の2月頃に、見落としそうなほど一瞬の間、体がガクガクッとなっていることに気付きました。(主におもちゃで遊んでいる時や、前足を着地させた後に多いです)
初めの方は、痙攣が起きるタイミングから、腰が痛いのかと思っていたのですが、その後徐々に頻繁になっていきました。
かかりつけ医に相談したところ、心臓は大丈夫そうなので、脳が原因かもしれないと言われました。ですが、痙攣が起きるタイミングがほとんど限定されており、ごく一瞬であるということで、先生も不思議だと首を捻っておられました。

前置きが長くなりましたが、質問は2つあります。①コルチゾールの値が安定していても、腫瘍が大きくなり、神経症状が出てきてしまうことはあるのか ②おもちゃで遊んでいる時や前足を着地させた後に痙攣が頻繁に起こるのはなぜなのか についてお答えいただきたいです。
よろしくお願いします。

補足:2月のコルチゾール値の結果がpreの方がわずかに基準値より低く、アドレスタンの副作用である事も考えられるということで、約2か月間ずっと投与は中止していますが、痙攣は治っていないので、副作用が原因ではないと思っています。
また最近はガクガクっとなるのが以前に増して頻繁に起こるようになってきました。

日時2020-05-24 06:16:04

 
みなさんの心配事に似ている過去の相談・回答をキーワードで検索してご覧になれます。

相談を検索する

種別: