イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

さよ(質問主)


猫アイコン 猫 9歳 オス ラグドール

体重:3.8kg

飼育歴:8年11ヶ月

居住地:大阪府東大阪市

飼育環境:室内

来月9歳になるラグドールの杏太郎くんについてご相談をお願い致します。

杏太郎が生まれた時母猫がパルボに掛かり、その母猫のお乳を飲んだ為、先天性小脳形成不全症です。
お腹に居た時にパルボに母猫はパルボに掛かっていません。
杏太郎と共に産まれた2匹が亡くなり近くの公園に埋めに行った時に公園にパルボ菌がおり2次感染で母猫も掛かり亡くなりました。

杏太郎は歯肉炎です。
出来れば抜歯などを受けさせたいのですがかかりつけ医の福井獣医科病院さんに診てもらったら、口を開けたら紫色になった。麻酔は掛けれない。麻酔を掛けても命を落とす危険の方が高く最新の注意を払っても危険。との事で去勢手術も受けていません。ワクチンは打っています。

麻酔無しでの治療はお薬の投与しか出来ませんか?
若しくは無麻酔での歯石歯垢除去等は出来ませんか?
若しくは歯石歯垢を取れるオススメのサプリを教えて下さい。
●●病院さんでジスロマックを処方されよだれは治まりましたが口臭はあります。

ロイヤルカナンのオーラルケアは効果ありますか?

詳しく回答をお願い致します。



日時2020-01-13 10:26:19

専門の獣医師からの回答

先天的小脳形成不全症ということですが、これはMRI検査の結果でしょうか?歯周病による歯肉の炎症は、通常、全身麻酔下で口腔内のX線検査などを行って歯周病の程度を把握してから重度の状態でなければ歯垢・歯石を除去しますが、重度の場合は抜歯になります。したがって、全身麻酔がかけられなければ適切な治療は困難です。この全身麻酔がかけられるか否かは血液検査やX線検査、あるいは、そのほかの検査をおこなって調べます。この検査で全身麻酔が難しいとなると、できる治療は濡らした綿棒やデンタルジェルを付けた綿棒などで歯の表面の歯垢を除去することはできます。このことだけでも進行はある程度防げかもしれません。無麻酔でのハンドスケーラーによる歯垢歯石除去は歯肉を傷つけたり、歯周ポケットの中は治療できませんのでお勧めできません。歯垢歯石所予防などのサプリはいずれも効果が高いわけではありませんが、投与して経過をみることはよいでしょう。またいつも抗生物質を投与し続けることもお薦めできません。

日時2020-01-15 18:50:22

なぜ猫は腎臓病になりやすいのでしょうか。腎臓病の原因、代表的な症状、検査の基準値について、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が解説します。猫の健康に役立つ知識が身につく「まなびばsippo」をご覧下さい。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: