イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

がんちゃん(質問主)


犬アイコン 犬 5歳 オス 雑種

体重:4.7kg

飼育歴:5年3ヶ月

居住地:京都府綴喜郡井手町

飼育環境:室内

この夏多飲多尿で、おしっこの色が薄く、尿漏れのようなこともありましたので獣医さんに診察してもらい、様々な検査を得て、尿崩症の疑いがあるとゆわれました。その後、ミニリンメルトとゆうお薬を、朝晩半錠ずつ服用し、1週間後の検尿で、おしっこの比重が正常値になったので、崩尿症だと診断されました。(他は、異常ありませんでした。)その後1カ月、その薬を服用し、昨日、検尿していただいたのですが、比重の数値が、また低くなっていました。そして、今日から、薬の量を増やし、朝晩1錠ずつ服用し、経過を見ていくことになりました。
薬の服用のほかに日常生活において気を付けなければならないことはありますか?氷が大好きなので、毎日2.3個与えていますが、大丈夫でしょうか?あと、このお薬は、高価なので、後発医薬品などあれば教えて下さい。よろしくお願いいたします。

日時2019-10-31 12:44:12

専門の獣医師からの回答

 尿崩症自体は脱水を起こさないように水分を十分にとれていて多尿を許容できるのであれば、健康上は特に問題ありません。多尿が許容できなければ一生、薬でコントロールするしかありません。ただし尿崩症の基礎疾患として脳疾患(下垂体腫瘍)があり、これは命にかかわる問題なので、一度頭のMRIは取っておいたほうがいいかもしれません。ミニリンメルトの後発品については担当の先生に聞いてみてください。ワンちゃんのいい状態が長く続くことを祈っています。

日時2019-11-11 19:25:49

がんちゃん(質問主)


ご回答ありがとうございます。
今のところ、薬のおかげで、尿漏れもおさまっています。元気にしているので、今後のことは担当の先生と薬の件や、MRIの件など相談してみます。
ありがとうございました。

日時2019-11-12 12:37:13

愛犬の目元や足元のケアはしていますか。目元ケアに使えるローションや、模型を使いながら目元の拭き方を紹介します。ヤマザキ動物看護大学の福山貴昭先生が解説します。犬との暮らしに役立つ「まなびばsippo」をご覧下さい。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: