イヌ・ネコの健康医療相談

aya(質問主)


猫アイコン 猫 10歳 メス 雑種

体重:2.3kg

飼育歴:10年4ヶ月

居住地:東京都港区

飼育環境:室内

3月に舌の炎症が酷く、全身麻酔をかけ検査をして腫瘍があり治療(悪性ではなかった)
5月に心臓が肥大し肺水腫になりました。
その後肺水腫の治療で入院、しばらく心臓薬と利尿剤、ステロイドで治療していましたが7月に腎臓の数値が上がり食欲がなくなり入院。
すぐに、退院しましたが1日でまた体調が悪くなり入院しています。現在、バリウムを飲み検査しても閉塞は見つからず胃腸炎と言われていますがかなり重症です。点滴しか治療ができないと言う事ですが本当に胃腸炎なのでしょうか。

日時2019-08-09 10:55:16

専門の獣医師からの回答

 ちょっとこの文面では何が今問題なのかがわかりませんが、舌炎があって、心臓病、それも肥大型心筋症もあって、肺水腫を合併し、その治療をしていた途中に腎臓病も合併したとことですね。
 バリウム検査は、消化管の異常を見つける検査で、閉塞は見つからなかったとありますので、腸閉塞を疑った検査をしたということになります。これは、舌炎とも心臓病とも腎臓病とも関係がない話です。胃腸炎の情報はバリウム検査で腸閉塞ではなかったということのみです。ただ、嘔吐がひどい場合には胃腸に水や食べ物をいれても吐き戻してしまうため、点滴で維持をします。

これ以上のコメントは情報が少ないのでできません。
 

日時2019-08-14 09:41:56