イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

オトメちゃん(質問主)


猫アイコン 猫 17歳 メス 雑種

体重:2.9kg

飼育歴:15年5ヶ月

居住地:滋賀県高島市

飼育環境:室内

歯周病が非常に酷く全身状態も
悪かったので
病院で
2月4日 コンベニアとデポメドを打ち
8日にデキサ
12日 コンベニアとデポメド
毎日自宅で120ml補液をしています。
自力で食事は無理なので
強制給餌です。
先日やっと食欲が出始め(一粒かじる程度)
たので遅くなりましたが
3月8日に
血液検査をした結果は慢性腎不全でした。
貧血もあり
造血剤の投与をし始めました。
追加でレントゲン検査をした所
心臓部あたりに胸水が溜まっていました。
ファーストの先生は
心臓部に近く無麻酔で胸水を抜くのは怖い
との事
セカンドの先生は留置針を埋め込んで
との事でしたが断りました。

現在は口腔内の状態も良く
(粘りのある粘膜も消えて比較的綺麗です)
少し呼吸が大きいですが
気分良く過ごしています。

いよいよ苦しそうなら
無麻酔で胸水を抜くつもりです。

現在は矛盾した行為ですが
補液80mlし利尿剤を飲ませています。
年齢の事を考え延命は考えていません。
安楽死も考えていません。
ただ安らかな終末期を過ごして欲しいだです。

補液 利尿剤 造血剤
ほかに出来る事はありますか?
胸水の事を考えると補液は
やめるべきが教えて下さい。
するべきならば分量を教えて下さい。





日時2019-03-13 23:35:47

専門の獣医師からの回答

飼い主さんの選択でよいと思います。暖かくして少しでも長く一緒にいてあげてください。

日時2019-03-23 19:33:41

なぜ猫は腎臓病になりやすいのでしょうか。腎臓病の原因、代表的な症状、検査の基準値について、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が解説します。猫の健康に役立つ知識が身につく「まなびばsippo」をご覧下さい。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: