イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

ままにゃ~(質問主)


猫アイコン 猫 8歳 メス ノルウェージャンフォレストキャット

体重:4.7kg

飼育歴:7年8ヶ月

居住地:東京都江東区

飼育環境:室内

ノルウェージャン 牝 来月で8歳になります。
昨年の7月位から異様なクシャミ(普通のくしゃみとは一寸違う?)と睡眠時に開口呼吸が時々あり、最初は従来のかかりつけ病院で目薬(抗生剤入り?)を処方されていましたが、改善が見られず呼吸器科のある病院へ転院。時々ネブライザーやトラネキサム酸を処方されています。
6月初めの夜間余りにも呼吸が苦しそうで救急病院へ行った所、リンパ腫の疑いもあるとの事で東大病院を紹介して頂き、CT検査を始め色々検査をしましたが、対した異常はなく、ただ鼻の奥に粘液?の詰りが見受けられるとの事。(CT画像は頂いて来ています。)
その後また呼吸器科の病院で診察・投薬をお願いしていますが、これと云った治療法が無い様で、又、トラネキサム酸の副作用を考えるとこのままで良いのか考えてしまいます。
転院を考えても良いのでしょうが、通院時の猫の負担も考えると気が重いのですが、なにか完治できる治療法は無いものなのでしょうか。
よろしくお願い致します。

日時2018-07-20 11:15:22

専門の獣医師からの回答

大変ご心配ですね。症状から推測しますと上部気道疾患が慢性化していると思われますが、呼吸器専門病院と東大病院で検査されて特に著明な異常はないと診断されています。したがって現在、生命に直接かかわる様な疾患は、認められず、あまり過度に心配する必要もないかと思います。しかし、症状が改善しないとつらくなることもよく理解できます。現在、治療をお受けになられている呼吸器専門病院の先生にステロイドの治療についてご相談されてはどうでしょうか。改善が見られる場合もよくありますので相談してください。まず、主治医と現状について、今後の治療方針についてよくご相談してください。

日時2018-07-26 20:15:20

ままにゃ~(質問主)


ご回答ありがとうございました。
幸いリンパ腫等の疑いは晴れて、症状が出ても飼い主は比較的オロオロしなくて済む様にはなりました。
が、やはり多少辛そうですので、早速ステロイド治療を相談してみたいと思います。
ありがとうございました。

日時2018-07-27 03:04:33

猫の皮膚病は飼い主が気づくことが多い病気です。よくある事例や飼い主が気づけるポイントを、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: