イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

しょうちゃん(質問主)


猫アイコン 猫 11歳 オス アメリカンショートヘア

体重:5.7kg

飼育歴:10年4ヶ月

居住地:大阪府大阪市東淀川区

飼育環境:室内

12月24日後ろ右足がかくんとなるのに気が付き25日かかりつけの獣医さんにつれていきました 血液検査異常なし 足も異常なし、目の揺れがあるため脳機能もしくは内耳に異常があるのではないか 人でたとえるなら脳硬塞の軽いもの との診断で注射をされ 薬はビクタス20mg. プレドニゾロン5mg.
ノイロビタンをもらいました 飲ませてますが 25日の情態より 元気がなく 食欲もなくなってきました 顔を右に傾けて歩きます。トイレには行きます 薬を飲んでこの情態では 薬に効果がないのはあきらかで 他の脳の病気だと思います
また6日に診察に連れていきます 今の薬はまた3日分ありますが 飲ませないほうがよいでしょうか?なお 他にどんな病気が考えられますか? それによりどうすれば良いかご教示お願い致します よろしくお願いいたします

日時2018-01-03 11:06:24

専門の獣医師からの回答

右斜頸、眼振などの症状があるようですが、処方された薬はどれも念のために与えて効果があるかどうかを見るという程度のものです。特にプレドニゾロンは、ステロイド薬といって効果も大きいですが、副作用にも注意しなくてはいけません。脳腫瘍、脳炎、脳梗塞や脳内出血などの脳血管障害、前庭疾患など確定診断するにはMRIなどの検査が必要です。受診された病院で説明されているとは思いますが、状態の悪化や2次または3次診療施設へ連れて行けるなら、早めに動くことも考えてください。まだ、10歳4か月とあまり高齢ではないので、しっかり検査した方が良いと思います。

日時2018-01-04 17:38:39

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: