イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

ヨウヨウ(質問主)


犬アイコン 犬 メス ポメラニアン

体重:3kg

飼育歴:0年0ヶ月

居住地:兵庫県明石市

飼育環境:屋外

左後ろ足をあげて歩行している。脱臼?パルボウィルス発症までは普通に4本脚で歩いていた。左後ろ足は、脱臼なのか奇形なのか、近々病院に行く予定ではあるが、状況を教えて欲しいです。

日時2017-07-25 15:04:35

専門の獣医師からの回答

現在の3本足での歩行は、パルボウイルス感染と関係があるのか、関係がないのかは診察をしないとわからないと思います。パルボウイルス感染症で免疫が低下している時に、関節炎を引き起こす何かがあったということも完全には否定できません。しかし、どちらかというとパルボウイルス感染症とは無関係なことからの跛行の可能性の方が高いと思います(あくまで確率的にです)。この年齢では先天的な膝関節、股関節の病気も多いので、診察を受けてレントゲン検査などされた方が良いと思います。

日時2017-07-26 16:20:02

sippo編集部からのお知らせ

sippo編集部です。
いただいた投稿内容ですと、情報が少なく、
獣医師の先生方も回答しにくいかと思います。

いつから飼われていて、後ろ足をあげるようになったのはいつからか、
パルボウィルス発症というのはいつのことか、
どのような飼育環境なのか、
ほかに気になる症状などはあるか
など、より詳しい状況を加えて、改めて投稿いただけますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

日時2017-07-25 16:33:57

ヨウヨウ(質問主)


6月の末に生後2ヶ月半で貰って来、すぐに1日でバルボウィルスを発症しました。2週間の闘病の末、バルボウィルスからは回復したものの、2週間の闘病後、何時の間にか左後ろ足を上げ、3本足で歩行する様になりました。6月末の時点では4本足で元気に走り回っていました。ジャンプなどもしていたと思います。
3本足での歩行が確認出来て5日目です。左後ろ足は地についていない様子が見て取れます。触ってみましたが、左後ろ足の膝関節が肥大している様に見て取れます。生活環境はタイル張りの部屋に放し飼いの状態です。この状況で、回答を戴けましたら幸いです。

日時2017-07-26 00:45:26

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: