イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

ミッキー(質問主)


犬アイコン 犬 9歳 メス プードル(トイプードル)

体重:3.2kg

飼育歴:8年5ヶ月

居住地:岐阜県岐阜市

飼育環境:室内

先月に唾液腺嚢腫で唾液腺を切除しました。

その時したエコー検査で脾臓に出来物(腫瘍?)が見つかり6月29日に手術で脾臓摘出することになりました→脾臓摘出は納得しているのでOKです

5月31日から6月17日までヒートがあり(いつもより少し期間が長かったです)この頃から水をよく飲む様になりました(一日240ml~300ml)

かかりつけ医に相談した所、子宮蓄膿症になるリスクが上がっている(ヒートの期間なども含めて)と言われ脾臓摘出の時に子宮も摘出してもいいかもと言われました(もし子宮蓄膿症に今後なったらまた手術になるので、あけるついでと言ったらおかしいけど一度の手術で済むからだそうです)

そこで相談したいのは、予防の為に子宮も摘出した方がいいのかという事です

先月も全身麻酔していますし、今回二つ摘出するなら時間もかかり麻酔のリスクも気になります

今回は脾臓だけにしておくのと、子宮も摘出するのとどちらがいいか回答いただけるとありがたいです

日時2017-06-20 12:36:35

専門の獣医師からの回答

 脾臓摘出はかなり大きな創口になります。同一の傷口で卵巣と子宮の摘出術は可能で、短時間で摘出でき、また出血もほとんどなく手術できますので是非一度に手術されたほうが良いと思います。

日時2017-06-23 14:27:25

ミッキー(質問主)


回答ありがとうございました

日時2017-06-23 16:24:10

「上下関係のために犬は甘やかしてはいけない」。こんなしつけ方は正しいのでしょうか? のべ10万頭以上の実績がある専門家が、最新のしつけ理論を動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: