イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

りっく(質問主)


犬アイコン 犬 1歳 オス マルチーズ

体重:4kg

飼育歴:1年5ヶ月

居住地:兵庫県西宮市桜町

飼育環境:室内

目の周りもいつも赤く胸元や腰辺りに虫刺されのような膨らみあり
病院でみてもらいましたが日にち薬ですと言われたまままだなおらない状態です
足もよくなめてます

日時2016-12-06 14:56:03

専門の獣医師からの回答

一歳の頃から眼の周りや胸元、お腹周りに痒みを伴う皮膚炎があるとのこと。
若い犬にこのような症状がみられる場合、先ずは「犬毛包虫症」、「カイセン」、「アレルギー性皮膚炎」などに注意されると良いでしょう。

「犬毛包虫症」はニキビダニという毛根に寄生する、顕微鏡でなければ見えないダニが原因ですが、犬自身の体調(免疫機能)に発症要因があると考えられています。
「カイセン」も疥癬虫の寄生により痒みを伴う皮膚炎が生じます。
ニキビダニも疥癬虫も皮膚をしっかりと掻き取ったり、毛を抜いて毛根を顕微鏡で調べますが、一回の検査では見つからないことがありますので、経過を観察しながら何度か検査を繰り返したり診断的治療としてニキビダニや疥癬虫の駆除薬を使用することもあります。

「犬毛包虫症」と「カイセン」の可能性が除外されれば、次に「アレルギー性皮膚炎」を考える必要があるでしょう。
本症にはノミアレルギーや食物アレルギー、また環境中の物質が刺激となるアトピー性皮膚炎などがあります。
「ノミアレルギー」はノミの駆除と予防を確実に実施することで除外出来ますので、主治医にご相談されると良いでしょう。
「食物アレルギー」や「アトピー性皮膚炎」についても、ニキビダニ、カイセン虫、ノミといった寄生虫や、細菌および真菌(カビ)の感染を除外しながら主治医に診て頂くと良いでしょう。
お大事になさって下さい。

日時2016-12-15 17:03:30

りっく(質問主)


ありがとうございます
一度相談してみます

日時2016-12-16 14:41:58

sippo編集部からのお知らせ

sippo編集部です。
いつもご利用ありがとうございます。
いただいたご相談ですが、その症状がいつごろ始まったか、ほかに症状はないか、動物病院でどんな治療を受けたかなど、もう少し具体的に状態を教えていただけませんと、回答する先生方もアドバイスしにくいかと思います。
改めて詳しい状況をご投稿いただけませんでしょうか。
引き続き、よろしくお願いいたします。

日時2016-12-12 11:20:07

りっく(質問主)


症状は一歳位からはじまりました
とりあえず薬でかゆみ止めを飲ましてますが
お腹周りなどなめて毛がぬけて
赤み出てる状態です
食べ物かもと思い今は鹿肉のドックふ-ど食べさせてます

日時2016-12-12 14:37:24

「上下関係のために犬は甘やかしてはいけない」。こんなしつけ方は正しいのでしょうか? のべ10万頭以上の実績がある専門家が、最新のしつけ理論を動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: