イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

リクハチ(質問主)


犬アイコン 犬 14歳 メス ジャック・ラッセル・テリア

体重:7kg

飼育歴:13年10ヶ月

居住地:山口県光市

飼育環境:屋外

14歳の雌犬です。血尿と頻尿が見られ、かかり付けの病院で受診したところ膀胱結石と分かりました。6月の中頃に手術を受け結石は全て摘出したのですが、血尿と頻尿が治まりません。手術前に処方してもらった抗生物質は菌に抗体が出来ており効かないとの事で別の抗生物質に変えてもらったのですが10日服用しても血尿は止まりませんでした。尿の検査ではまだ菌が居たので、また別の抗生物質に変え服用していたのですが、3日後に嘔吐を繰り返したので受診したところ、薬が合わなかったか、嘔吐の症状が出る抗生物質もあるとの事で別の抗生物質に変えてもらいました。しかし1回分を服用した後、夜遅くに後ろ足が小刻みに震える様になり、怖くなって病院へ連絡したところ薬を一旦止めてもらい様子を見て受診してくださいと言われました。嘔吐してから食欲は無くグッタリはしてないものの、何時もの元気はありませんでした。その後再度受診し、レントゲンを撮りましたが異常はありませんでした。今は手術後に処方された抗生物質に戻し服用している最中ですが、血尿は出たり出なかったりを繰り返しなかなか完治は出来ていない状態です。血尿と頻尿以外は元気もあり食欲もあります。便も問題ありません。手術後から1ヶ月以上もなるのに未だにうっすら続く血尿が心配です。また抗生物質を4種類も変えても症状がいまいち改善されないのは他に原因があるのではないか、このまま薬の服用を続けて大丈夫か色々不安です。宜しくお願い致します。

日時2021-07-24 09:19:23

専門の獣医師からの回答

なかなか厄介な事案ですね。血尿の原因が膀胱炎だとして、膀胱炎の原因であると思われた膀胱結石を摘出してもそれが完治せず、もう一つの原因と思われた細菌感染を抗生物質で治療しても完治していないとのことで、細菌感染がまだ抑えきれていないと考えるのか、血尿の原因が膀胱炎以外(腫瘍など)にあると考えるのか、非常に悩ましい症例だと思います。まずは血尿の原因が膀胱炎以外にないか徹底的に調べてもらって、膀胱炎以外の原因が見つからず、血尿も貧血を起こすほど重度でないのであれば、ひとまず無治療で様子観察してもいいのではないかと思います。

日時2021-07-29 00:23:12

リクハチ(質問主)


回答有難う御座います。
その後、受診しまして尿検査とレントゲンを撮ったところ、尿内の細菌はだいぶ減っているようでしたが、膀胱壁が炎症を起こし厚くなっている事が分かりました。なので血尿の原因がまだ残る細菌によるものか、腫れた膀胱壁によるものか、結石の再発は見られなかったが、もしかしたら砂状の物が出来てしまっているのかも…と、言うお話でした。尿ケアの療養食を続け、術後に処方された抗生物質を再度10日間服用して様子を観ましょうとの事でした。それから4日経ちますが血尿は完全には止まりきってません。術後1ヶ月以上経って今頃、膀胱壁が炎症(腫れている)を起こしているのは傷口が治りきってないのか、細菌による炎症なのか、何と無くですが散歩に連れていった後は血尿が濃くなってる気がします。ネットで同じ病状の子達は数日で血尿は治まっているのに治りの悪いウチの子が心配です。犬の場合年齢的に治りが悪い事もあるのでしょうか?

日時2021-07-29 05:55:02

専門の獣医師からの回答

抗生物質の長期投与はやめた方がいいと思いますが、今後の治療に関して担当の先生とよく相談して進めていってあげてください。早く良くなることを祈っています。

日時2021-07-29 10:25:50

愛犬の目元や足元のケアはしていますか。目元ケアに使えるローションや、模型を使いながら目元の拭き方を紹介します。ヤマザキ動物看護大学の福山貴昭先生が解説します。犬との暮らしに役立つ「まなびばsippo」をご覧下さい。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: