イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

シェル(質問主)


犬アイコン 犬 3歳 オス イタリアン・グレーハウンド

体重:4.8kg

飼育歴:0年5ヶ月

居住地:千葉県千葉市稲毛区

飼育環境:室内

2月から皮膚のブツブツと関節炎から始まる全身性エリテマトーデスとなる。
投薬はコラーゲン、プレドニン、オメプラゾール、シクロスポリン→ボンザール?→今はアラバ、感染予防のためクロピドグレル、プラビックス、アジスロマイシン抗生物質、グリチロンを飲んでいます。再生医療も6月に2回実施しましたが、底上げ効果もよく分かりませんでした。
今後はこの治療を継続する方が良いのでしょうか。漢方等の検討をした方が良いのでしょうか。他に治療の余地があるかご教示いただけますと幸いです。

現状:歯茎が白い、肝臓肥大、耳や鼻にカサブタ、ご飯ドライフード半量食べる・おやつは食べる、多尿多飲、横になっておりステロイドの影響で筋肉が減ってる
CRP:3月3.3→4月12.2→5月15→6月19.5
ALT:6月1000以上→6月初め658→6月中旬458
ALP:かわらず3500以上

日時2021-06-20 14:24:27

専門の獣医師からの回答

 いろんな治療をされており改善がないのでご心配かと思います。治療を施しても改善がないようですのでこのような場合は振り出しに戻り、診断から再検討する必要があるかと思います。
 そのためには皮膚科専門の獣医師にセカンドオピニオンとして直接受診された方が宜しいかと思います。ご質問頂きましたが、この文面だけでの回答は非常に無責任で決してワンちゃんが良い方向には進まないと思います。是非、早急に専門病院を受診して頂きたいと思います。

日時2021-07-02 23:07:48

高齢犬はどのような動きをするのか、実際の映像をまじえながら解説します。犬の行動を観察するコツをつかみ、早期発見につなげましょう。ヤマザキ動物看護大学准教授の茂木千恵先生が解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: