イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

ココルルちゃん(質問主)


犬アイコン 犬 15歳 メス チワワ

体重:4.2kg

飼育歴:14年5ヶ月

居住地:神奈川県横浜市旭区

飼育環境:室内

現在、約2年前に肺水腫になり投薬治療で食欲や排泄、呼吸も問題なくいましたが、2週間前に発熱38.8ほどあり右あご下が腫れていることに気づいたので歯肉炎ではないかと抗生物質で治ったようでしたが、昨夜、陰部から出血があったので??と。生理はしばらくみていないので気になります。肺水腫にもなっています、そのための治療をずっとしていて麻酔や手術、興奮することを控えて診察しています。どのような治療ができますか。避妊手術はしていません。

日時2021-06-17 21:36:31

専門の獣医師からの回答

 昨日、陰部からの出血があったということですが、通常の発情であればいいですね。ただ、子宮蓄膿症となれば、厄介です。本来であれば卵巣子宮摘出術をすべきでしょうが、手術ができるかは心臓病の具合次第だと思います。手術が無理であれば内科的な治療になりますが、必ずしも反応するとは限りません。陰部からの出血が長引いたり化膿しているようであれば、検査は必須です。子宮内に貯留物があるかないかは、腹部の超音波検査を何度か行えば、診断がつくと思います。なお、子宮蓄膿症の場合には、細菌感染により、敗血症や腎不全、DICなどを合併して死亡することもあります。甘く見てはいけません。
 肺水腫は僧帽弁閉鎖不全症からでしょうか。ずっと肺水腫というわけではないと思いますが、肺水腫が2年前に起こったということであれば、普通に考えると、心臓の病気が結構進んでいると思います。
心臓病と子宮の具合を見ながらの治療になると思います。ご担当の先生にご相談ください。

日時2021-06-21 09:42:51

犬は「汗の匂い」に敏感で、人の感情を読み取るともいわれています。のべ10万頭以上の実績があるしつけ教室「スタディ・ドッグ・スクール」代表の鹿野正顕先生が、オンライン講座「まなびばsippo」で、飼い主が注意すべき「匂い」について解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: