イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

りゅう(質問主)


犬アイコン 犬 8歳 オス スタッフォードシャー・ブル・テリア

体重:23kg

飼育歴:6年5ヶ月

居住地:愛媛県西条市

飼育環境:室内

以前から、顎の下の喉のあたり、ちょうど首と口の間の皮(肉?)が弛んだ部分の右側に、2センチぐらいのしこりがありました。2年ぐらい前に気づきました。この間、大きさはほぼ変わりないか、少し大きくなった気もしますが、気のせいかもしれません。しこりは硬めで、コリコリした感触です。
気になったので一度注射針で細胞を採って診てもらったところ、脂肪の塊のようなもので、腫瘍ではないので大丈夫です、とのことでした。
首か顎のリンパ腫かと思ったのですが、獣医さんは、リンパは通常こんな風に簡単に触れる場所にはないですし、違いますよ。とのことでした。

最近になって、同じところに、さらに二つ同様の、少し小さめのしこりが隣り合ってできていることに気づきました。
また、左側の方にも、一つ同じくらいのサイズのしこりができています。
いずれも触った感触は、全く同じです。

これらも、同様の脂肪の塊と考えても大丈夫でしょうか。
獣医師の、リンパは通常触れるようなところにはない、と言うのは、間違い無いでしょうか。

ご回答いただければ、大変助かります。よろしくお願いします。

日時2021-06-01 15:47:29

専門の獣医師からの回答

 リンパ節は体の様々な部位に存在しますが、体表にあるリンパ節は通常触知可能です。頸部に存在する体表リンパ節(触知可能なリンパ節)には、下顎リンパ節と浅頸リンパ節があります。頸部には他のリンパ節も存在しますが、体表にないリンパ節は通常触知できません。今回は、喉のあたりに在る腫瘤ということですが、細胞診で脂肪しか採取されていないのでしたら、腫瘤はリンパ節ではないと思われます(リンパ節の細胞診では通常様々なリンパ球が認められます)。腫瘤の細胞診で脂肪細胞しか採取されなかった場合は、脂肪腫の可能性は否定できないと思われます。
新たに見つかった腫瘤が最初の腫瘤と同じものかにつきましては、見た目や触診だけで判断するのではなく、細胞診で確認するのが良いと思われます。主治医の先生とよくご相談ください。

日時2021-06-08 19:10:30

愛犬の目元や足元のケアはしていますか。目元ケアに使えるローションや、模型を使いながら目元の拭き方を紹介します。ヤマザキ動物看護大学の福山貴昭先生が解説します。犬との暮らしに役立つ「まなびばsippo」をご覧下さい。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: