イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

わわたーたん(質問主)


猫アイコン 猫 1歳 オス アメリカンショートヘア

体重:2.4kg

飼育歴:0年2ヶ月

居住地:神奈川県横浜市西区

飼育環境:室内

体重2、4kの4ヶ月アメリカンショートヘアの男の子です。
生後2ヶ月の我が家に来てから軟便の時が時々あり、何度も病院に通っています。
年末には軟便&血便も出て、再び検便をしましたが、寄生虫もいないので、フードが原因かもしれないとのことで、ヒルズのw/dと腸内バイオームに変えたところ現在うんちは安定しています。毎回トイレはうんちの事ばかり気にしていたので、1日のおしっこの回数をそんなに気にしていなかったのですが、5、6回はしていたかな…と数えてみることにしました。
猫はあまり水を飲まないといいますが、うちの子はちょくちょく飲んでるのでその点は安心していたのですが、実際水を飲んだ量を測ってみると頻繁にのんでいるわりに85mlしか飲んでいないこともわかりました。
おしっこの回数を気にして数えた日は異常で10回。夜になるにつれて頻尿、少量になっていって、最後の方は数粒の猫砂が濡れている程度になっていました。
翌朝、病院に行って尿検査したところ細菌性膀胱炎と診断されました。
膀胱洗浄と注射をしていただき、薬を10日分処方されました。
現在薬を飲んで5日目です。
水分摂取量を増やそうと、1日3回の食事の時に少量のフードをふやかしたり、ロイヤルカナンの子猫用ムース大さじ1弱にぬるま湯を少々加えて与えています。
それでも、1日の水分量は170mlに増えたくらいです。
薬も飲んでいてまだ治療中だからなのか、おしっこの回数は1日7、8回でまだ多いです。水分摂取量を増やしたから一回のおしっこ量も猫砂がゴルフボールくらいのものがしっかり出ています。
検索したら成猫1kgあたり50mlの水分量、子猫だともっと必要とあったので、
2、4kgの4ヶ月の子猫だと170mlではまだ少ないですよね?
おしっこ量が増えていますが、もっと水分摂取量を増やしても大丈夫でしょうか?

日時2021-01-24 14:36:21

専門の獣医師からの回答

 猫で細菌性膀胱炎というのは非常にまれで、特に若齢で細菌性膀胱炎という症例は非常にまれな例だと思われます。猫では特発性膀胱炎が多く、その場合は水分摂取を増やすことが有効だとされていますが、猫の尿は濃縮率が高い(濃い)ので、細菌感染が起きにくいとされていますので、細菌性膀胱炎と診断されたのであれば無理に水分摂取量を増やさない方がよいと思われます。

日時2021-01-28 00:25:20

猫の皮膚病は飼い主が気づくことが多い病気です。よくある事例や飼い主が気づけるポイントを、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: