イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

はせた(質問主)


猫アイコン 猫 メス ノルウェージャンフォレストキャット

体重:1.4kg

飼育歴:0年0ヶ月

居住地:埼玉県さいたま市浦和区

飼育環境:室内

子猫の食欲が旺盛で、食事の量やカロリーに関して相談させてください。
ノルウェージャンフォレストキャットの女の子、あと数日で3か月の1.4kgです。日に日に体重が増えていって成長を感じます。

1日に3回、カロリー計算を行い37g/一回あたり100キロカロリー(1日に300キロカロリー)の食事を与えていますが、朝に残すこともあれば、夜中のうちにおなかがすいて朝方にすごく鳴き出してしまう時もあります。
(以前は1日に4回、28g/一回あたり75キロカロリー(1日に300キロカロリー)をあげていましたが、それだと足りないようなので1日3回にして一回量を増やしました)

量を増やしても鳴くならカロリーが足りないのかな、と思い、ちょうど昨日の夜に1.4kgになったこともあり、上記計算の1.3kgの場合から、本日から1.4kg用の39g/一回あたり107キロカロリー(1日に321キロカロリー)に変更しようと思っています。
(キトン用のウェットとカリカリを混ぜて与えています)


ご飯をあげる時間は朝8時前/昼13時頃/夜19~22時頃です。
昨日は21時頃にあげたのですが、朝方6時~7時にはおなかがすいて鳴き出していました。
(21時~翌朝8時は確かに時間が空くので仕方ないのかなと思いもするのですが、今回はちょっと鳴き方がすごかったので。)


一日に人間と遊ぶ時間は10~15分を3~4回ほど、その他自分でも家の中を走り回ったりソファを駆け上がったり穴の開いた段ボールにはいったおもちゃをお手玉するなどして遊んでいます。その他は子猫らしく睡眠時間に宛てています。
近々大型のキャットタワーが届くためさらに運動量、睡眠量共に増えると思います。


ノルウェージャンフォレストキャットの場合、「1歳までは好きなだけご飯をあげても良い」とネット記事で拝見しましたが、「生後2~4か月までは体重1kg×200キロカロリーを一日の目安にする、というのが一般的である」というネット記事もあり、こちらに基づくと1.4kgの場合は280キロカロリーになるので現時点でもちょっとオーバーしているのかな、と思っています。

それでもほしい、と催促されるのであれば、夜に追加で1回分(39g/一回あたり107キロカロリー)、または半量を与えてもいいのでしょうか?
また、量を増やすのであればカロリーが少ないごはんをあげるべきでしょうか?
(個人的にはもともとおなかを壊していて現在のごはんに変えて健康なうんちをしてくれるようになったので、変えることでまたおなかを壊さないかが心配ですが…)


実はペットショップから引き取った時点では痩せすぎており、2か月齢で0.8kgもなく、背骨や肋骨がごつごつと手に当たり「ガリガリだな」と感じるほどで、この1か月で太っている様子もなく健康的に1.4kgになり、子猫らしい体に育ってくれましたが、3か月齢だと1.7kgほどが一般的と聞きまだまだ痩せているんだなあと思っています。

もともと痩せていた分一気に健康的になったように見え嬉しくもありますが、カロリーの与えすぎで体が不健康に成長してしまうことを懸念しています。


ノルウェージャンフォレストキャットは成長がゆっくりなのもありますが、生後1年のごはんが大事、というのもどこでも見ますので、一度ご教示いただければと思います。
よろしくお願いします。

日時2020-06-30 09:54:18

専門の獣医師からの回答

生後2~4カ月齢の子猫の一日の給餌カロリーとして、一日体重1kg当たり約200kcalというのは概ね妥当な数字ですね。
猫の品種や性別および環境などによって違いがありますが、体重1.4kgであれば、一日の給餌カロリーは225~270kcalが一応の目安です。
これまでも1日に300kcal給餌されていたとのこと。下痢や嘔吐がほとんど見られなければこの食餌量はご愛猫にとって過剰ではなさそうです。
321kcalに増やす予定とのことですが、大型の品種ですので、おそらく大丈夫ではないでしょうか。もしも便が緩くなる場合は食べ過ぎのことがありますので少し減量してみられると良いでしょう。
適切な食餌量には個体差がありますので、今後の体重の変化と太り具合をみながら調整してあげてください。
また、子猫の段階から太りすぎないように注意しましょう。
猫は本来少量ずつ頻回に食べる動物なので、特に子猫の場合は朝方にお腹が空くことと思います。
一度に給餌量を増やさずに、先ずは昼間の食餌量を少し減らせた分を夜遅くにあげてみるのも良いのではないでしょうか。
ご参考になれば幸いです。

日時2020-07-01 21:57:22

はせた(質問主)


有難うございます!
下痢や嘔吐などは今のところないので、このまま様子を見つつ、アドバイスいただいた方法など試しながら育てていきたいと思います。
詳しいご回答ありがとうございました。

日時2020-07-01 23:31:58

猫の皮膚病は飼い主が気づくことが多い病気です。よくある事例や飼い主が気づけるポイントを、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: