イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

coco(質問主)


犬アイコン 犬 13歳 メス フレンチブルドック

体重:11kg

飼育歴:12年4ヶ月

居住地:千葉県八街市

飼育環境:室内

4月の半ばに下顎右側に3cm程のしこりを見つけ、針生検を行い一か所で反応性過形成、もう一回の病院でリンパ節炎と言われました。

ステロイドや抗生剤を服用してもしこりは小さくならず、また平行して目の充血も続き不安があった為、サードオピニオンで腫瘍科を受診。
パンチ生検を行い、高分化型リンパ腫、クローナリティ検査でT細胞型とのことでした。
来週受診予定です。

質問です。検査結果を電話で看護師が伝えてくれた際に、次回の予約のこともあったので、無症状であれば特に投薬は必要ないのですよね?と確認したところ、しこりがまだ小さくなってないのだからステロイドを飲むと思いますとの返答でした。

しこりを気にしたり、それによって不自由や不快感、苦しい様子もなく、他にリンパ節の腫れも症状もないので、経過観察で良いと思っていたので疑問でした。

一般的にはどうなのでしょうか?
よろしくお願い致します。



日時2020-06-08 23:12:55

専門の獣医師からの回答

T細胞性の高分化型リンパ腫は、Tゾーンリンパ腫ともいわれ、無症状に経過することが多く、治療も必要としないことが多い腫瘍です。しかし併発疾患も多く状況によっては治療を行う必要もあるため、看護師の意見ではなく、主治医の先生とよく相談されたら良いと思います。

日時2020-06-10 19:50:20

coco(質問主)


ご回答ありがとうございます。
次回診察時に確認したいと思います。

日時2020-06-10 21:23:55

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: