イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

コギーアンズ(質問主)


猫アイコン 猫 3歳 オス スコティッシュフォールド

体重:1.7kg

飼育歴:2年0ヶ月

居住地:東京都足立区

飼育環境:屋外

【主症状】
食欲は程よくあるが体重の減少、元気がなくうずくまっていることが多い、毛艶が悪い、爪に異常が見られる、毛が殆ど抜けない、下痢・嘔吐(通院回数が増えたためと思料)

【経緯】
<<2019年10月>>
■両前足小指に違和感を訴え、ホームドクター①を受診、爪周囲炎の疑い(外用薬で治療)。
体重減少の指摘(2019.3=2.5kg, 2019.10=2.0kg)を受け、血液検査の提案を受ける
※所見では、甲状腺機能亢進症の疑いを懸念されたが、若齢のため右は排除※
■検査結果:尿路結石(ストルバイト値高め)の疑い、レントゲン検査の提案を受ける
後日、(ホームドクター①定休日の為)他院①で、血液及びレントゲン腹部エコー検査を受診
■検査結果:少量の腹水貯留、リンパの腫れを確認、内服薬セファクリア7日分処方

<<2019年11月>>
■腹腔内腫瘤検査のため、他院①にて、FIV /FeLV検査及び針生検、血液検査、血液電解質検査、猫膵臓特異的リパーゼスナップ検査の実施
■セファクリア服用も改善がみられない為、リンパ節過形成及び膵炎の疑いとして皮下点滴及びプレドニゾロン錠、ウルソ錠、エンロクリア錠7日分処方

<<2019年12月>>
■かかりつけ医①及び他院①:皮下点滴(3日おき)+プレドニゾロン錠、ウルソ錠、エンロクリア錠服用⇒右2院ではこれ以上の検査治療が難しいとのこと、かかりつけ医①より二次診療の医療センターを紹介される(このタイミングで、地域のかかりつけ医を変更した)
■二次診療先医療センターでは消化器科を受診、血液、レントゲン、エコー、下痢パネル、糞便等検査実施⇒リンパに10mm程度の腫れ、少量の腹水貯留、慢性膵炎の疑い、食事療法で1ヶ月経過観察(腸内バイオーム)
※上記検査により膵外分泌不全症の疑いは否定ができるとのこと※
■10月以降爪の違和感が続き、かかりつけ医②を受診(これまでの経緯、検査結果等は説明)、爪過角化症の疑い、ツメの真菌培養検査

<<2020年1月>>
■かかりつけ医②⇒爪糸状菌症の疑いあり、抗真菌剤服用開始

<<2020年2月>>
■かかりつけ医②:抗真菌剤服用するが改善がみられないため、再度真菌培養検査中
■二次診療先医療センター再診、血液検査、エコー検査実施▶⇒12月受診時からの改善なし(ただし、腸内バイオームにより下痢はかなり改善された)、アミノペプチド、低プロテイン分子の食事療法を14日間行った後、再度検査を検討とのこと
■東京都内猫専門医受診:
甲状腺機能亢進症検査⇒陰性
FIP⇒陰性
門脈シャント⇒結果まち

【現在】
以上の状態で、適切な処置ができないまま体重減少
2019年3月:2.5キロ
2019年10月:2キロ
2019年12月:1.9キロ
昨日:1.68キロ

高度医療センターなどで、内視鏡検査(及び開腹による病理検査)の提案はあり、血液検査の結果を獣医師が鑑みてもできる状態はありましたが、病院の判断は消極的でした。

IBDや腸のリンパ節拡張症の可能性も個人的には考えますが、次の一手が獣医師と相談しても、適切な一歩が進めていません。まして、二次診療先の高度医療センターでは、担当獣医師らの信頼を欠く行動があったため、この病院には命を預けることが難しいと思っています。

上記の状態の場合、次の手段としてはやはり内視鏡検査となるのでしょうか?他に適切な治療に進める可能性としてご助言賜りますようお願い申し上げます。

日時2020-02-14 12:22:05

 
みなさんの心配事に似ている過去の相談・回答をキーワードで検索してご覧になれます。

相談を検索する

種別: