イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

大吉(質問主)


猫アイコン 猫 1歳 オス 雑種

体重:3.2kg

飼育歴:0年2ヶ月

居住地:北海道白糠郡白糠町

飼育環境:室内

昨年12月24日に保護した生後6ヶ月位のオス猫です。
治療中
・耳ダニ(レボリューション☓2)
・首の噛み傷(抗生物質内服と軟膏)

耳の毛や首周辺の脱毛を獣医師に相談したのですが「アレルギーです」と。
先住犬の皮膚に鱗状のかさぶたができ脱毛したので糸状菌を疑いこれもまた獣医師に診察してもらったところ、「猫のなにかにアレルギー反応」「抗生物質の軟膏塗るように」と診断されましたが一向に良くなる気配がないため、抗真菌薬と薬用酢酸クロルヘキシジンシャンプーでの治療に切り替えたところ(自己診断)急速に快方に向かっている次第です。
上記より、添付写真の耳の脱毛は糸状菌が原因と考え、抗真菌薬と薬用酢酸クロルヘキシジンシャンプーでの治療を続けてますがそれで問題はないか?
首周りの脱毛もまた糸状菌によるものか否か?
顎の下も脱毛し黒いブツブツと赤く腫れた部分があるがどのような治療が有効か?(痒いらしくたまに爪で掻いています)
乱文乱筆申し訳ありませんが、何卒ご教授の程お願い致します。

日時2020-02-02 23:08:37

専門の獣医師からの回答

お答えさせて頂きますが、写真だけでは正直アレルギーなのか、皮膚糸状菌症なのかは判断できません。治療に反応しているなら皮膚糸状菌症の可能性もありますが、やはり動物病院で検査して診断してもらう必要があると思います。皮膚糸状菌症でもないのに抗真菌薬を飲み続けるのは副作用だけを起こしてします可能性がありますので注意が必要です。
顎の下の黒いブツブツはおそらく通称「顎ニキビ」と言われるざ瘡だと思います。通常は毛穴の洗浄で予防できますが、細菌感染を併発している場合は抗菌剤入りのシャンプーや抗生物質の経口投与が必要になります。痒いということですのですでて細菌感染を起こしてしまっている可能性があると思いますので動物病院で一緒に診てもらって下さい。

日時2020-02-07 00:43:36

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: