イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

まつもと(質問主)


犬アイコン 犬 14歳 メス ミニチュアダックスフンド

体重:8kg

飼育歴:14年2ヶ月

居住地:山形県長井市

飼育環境:室内

ミニチュアダックス(14歳、女の子)です。
現在、5センチ大の乳腺腫瘍と思われるものがあります。4-5年かけて大きくなってきました。手術をするべきか悩んでいます。
というのも、かかりつけの獣医師さんによると、心臓が弱く全身麻酔には耐えられないだろうとのことです。
局所麻酔でも、暴れると負担がかかってしまうとのことで、
投薬(プレドニン)により様子を見て、もし破裂してしまった場合はMohsペーストをするのがよくある流れだと聞きました。
しかし、破裂したり、様子を見てほかに転移があった場合、もっと苦しい思いをするのではないかとも考えます。
私の中では、素人ながら局所麻酔で取り除くことが根本的な一番の解決策であろうと思います。
しかし、愛犬のQOLや、手術のリスクなど考えると決断ができない状態です。

ほかの状態として、基本的には元気です。
食欲、体重変化、排泄などは問題ないです。
ただもう目がほとんど見えなくなってしまっております。
鼻水が出たり、痰が絡み、逆シャックリのようなことになるときがあります。そのためコンセーブとアピナックを投与しております。


リスク等、最新の医療情報等、そしてアドバイスをいただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

日時2019-12-03 17:09:06

 
みなさんの心配事に似ている過去の相談・回答をキーワードで検索してご覧になれます。

相談を検索する

種別: