イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

NIAME(質問主)


犬アイコン 犬 7歳 メス プードル(トイプードル)

体重:4.4kg

飼育歴:7年3ヶ月

居住地:京都府京都市伏見区

飼育環境:室内

先生いつもお世話になっております。

お尋ねいたします。

昨日7月20日に突然、ぷにゅぷにゅ動く柔らかい出来物がある事に気付きました。
場所は、後ろ足の付け根から前方約8センチのお腹の中央部分です。
大きさは直径約3センチです。
体長は(首の付け根からおしりまで)約35センチです。
生後6か月頃に避妊手術済みです。

毎日異常が無いか体を撫でながら確認しておりますが、一昨日までは全く気付きませんでした。
体重変化、食欲、排泄物の様子、飼い主への反応はいつも通り問題ありません。

腫瘍が出来ている等、可能性としてどの様な病気の疑いがあるのか教えていただきたいです。

すぐに診察に行きますが心配で先にメールさせていただきました。
何卒宜しくお願いいたします。

…………
その後病院に行きまして、針で細胞を調べた結果、悪いものは出てこなかったので良性脂肪種ですとのことでした。
現在の腫瘍の大きさは3センチ(ピンポン玉の様)で更に大きくなるようであればまた来てくださいと仰いました。
そこで、1日で急激に大きくなる良性腫瘍は普通にありますか?
また自然な力が加わり、潰れたり萎んだりすることはありますか?
そもそも何が原因で腫瘍が出来るのかをお教えください。
宜しくお願いいたします。

日時2019-07-21 01:27:48

専門の獣医師からの回答

後ろ足の付け根から前方約8センチのお腹の中央部分にぷにゅぷにゅした物が急にできたとのことですね。
経過、場所からするとヘルニアの可能性が高いと思われます。
避妊手術をした部位ならば何かの拍子にその部位が裂けた可能性も考えられます。
脂肪腫であれば一日で急激に大きくなることはありません。ヘルニアであれば大きくなったり小さくなったりすることはあります。
ヘルニアの場合で一番注意が必要なのは、腸管などの臓器がでてきてヘルニア孔で拘縮されることです。その場合血流障害が生じ、腸管などが壊死する場合もあります。
脂肪だけが出ており、増大する傾向が無ければ問題になることはほとんどありませんが、増大する拘縮が見られる場合は手術が必要になります。
実際に診察していませんので、獣医師と相談の上経過を観察して下さい。

日時2019-07-23 21:03:10

sippo編集部からのお知らせ

sippo編集部です。
ご利用ありがとうございます。
連続して2つのご投稿をいただいていましたので、
編集部側で1つにまとめさせていただきました。
ご了承ください。
また、個人名は記入しないようにお願いいたします。

日時2019-07-23 12:48:42

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: