イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

てらりおん(質問主)


犬アイコン 犬 7歳 オス プードル(トイプードル)

体重:3.1kg

飼育歴:6年6ヶ月

居住地:北海道札幌市西区

飼育環境:室内

何度か質問させていただいています。
1月に異変に気付き、内視鏡検査を行った結果、リンパ管拡張を伴うリンパ球形質細胞性腸炎との診断がありました。そこからステロイド7.5mgで治療を開始し、便も普通になり食欲も旺盛で体重も戻り、2週間後にステロイドを6.25mgに減らしたところ2週間で悪化。それからずっと下痢、血便、下血。嘔吐はなし。薬をステロイドはそのままに、アトピカを使用したが副作用の嘔吐が激しく、レフルミドに変更。1週間様子をみたが、悪化していました。アルブミン1.4、総蛋白3.6です。本人は元気そうに見えますが、ご飯を食べた後便が出るまでの間辛そうです。
ここまで効かないとなると最初の診断は間違いで、、リンパ腫の可能性があることを言われました。細胞診をしたがわからなかったと。そしてもう一度内視鏡検査をするか、開腹手術をして検査をし直して確定診断をしなければ抗がん剤治療はできないと言われました。その際にはアルブミンが低いので癒合不在がおこることもあると。
そこでアルブミンが低い、貧血もあるのに手術をして大丈夫なのでしょうか?
決断できなかったので、今はクロラムブシルを1週間試してみてもう一度細胞診をしていただくことになっています。どうぞよろしくお願いいたします。

日時2019-03-27 11:29:56

「犬がしっぽを追いかけるのはストレスのサイン?」「犬のストレス解消には多頭飼いは有効?」こんな疑問はありませんか?犬のしつけの専門家が原因や対策を説明します。

 

この質問の回答は締め切りました。

これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: