イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

むいむい(質問主)


猫アイコン 猫 11歳 メス ベンガル

体重:2.8kg

飼育歴:9年10ヶ月

居住地:愛知県豊橋市

飼育環境:室内

始めまして。飼猫の相談です。よろしくお願いいたします。

二ヶ月ほど前に、豆千代がゴハンを食べなくなって下痢をしたので病院に連れて行きました。(ストルバイト結晶がみつかりました)
そのとき、病院に連れて行かれ、いろいろな検査をされた恐怖心からか、家に帰ると押入れに篭ったまま出てこなくなり、ゴハンを全く食べなくなってしまいました。
獣医さんに相談をしたところ、ゴハンを食べていないと肝臓が悪くなるので、こちらで食べさせるので一度連れて来てくれと言われ、2日後にもう一度連れて行ったのですが、プロの方でも食べさせることができず、
『こんなに警戒心の強いコは初めてです』
と言われ、点滴だけ打ってもらいました。
結局、そのときはトータルで5日くらい何も食べてくれず、とても心配な思いをしました。
その後に、少しずつ食事をしてくれるようになり、ストルバイト療養食も食べるようになってくれたので、安心していたのですが・・・

4日前に、家を長時間留守にしたのですが、
私が家に帰ってきたら、豆千代の声が出なくなっていました。
普段からよく鳴くコなのですが、鳴こうとしても声がかすれて出ないようで、その後はケポケポと何度も嘔吐きます。
何も吐いてはいないのですが、一日に何度もケポケポするようになりました。
豆千代はひとりにすると寂しがってよく鳴いているようなので、現場は見ていないのですが、おそらく鳴きすぎて声が枯れたのかなと、そのときは思いました。
その日はゴハンもちゃんと食べて元気に遊んでいたので、緊急性は無いと思ったのですが、次の日から極端にゴハンを食べる量が減りました。
今日も、一日の量の4/1くらいのゴハンしか食べていません。
やはり声は出ないようで、日に数回、ケポケポと嘔吐いています。
便の量は減りましたが、一日一回、便もオシッコもしています。
起きている時間は明らかに減り、寝てばかりいますが、他の身体能力に衰えは無いようで、キャットタワーにも自力で登り降りはできています。

本題ですが、これは何か病気の可能性があるでしょうか?
下手に病院に連れて行って、またゴハンを全く食べなくなってしまうと、
年齢のこともありますし、逆に体力が落ちてしまって良くないのではと、悩んでいます。
けれど、緊急性の高い病気だったらと、とても不安です。
すぐに病院へ連れて行ったほうがいいのでしょうか?
それともしばらく様子を見ても大丈夫でしょうか?

よろしくお願いいたします。

日時2019-03-06 17:30:02

専門の獣医師からの回答

原因不明の食欲不振とエズキが継続しているとのことご心配ですね。
豆千代の現在の病状が2カ月前の食欲不振と関連があるとすれば,かなり慢性経過の疾患が潜んでいないか検討が必要と思われます。
嘔吐やエズキに関しては,胃腸炎,食道炎,膵炎,腎不全,肝疾患などを初めいろいろな病気を疑う必要があります。
11歳という年齢は,まだ老猫ではありませんが,それでも10歳以上の猫では甲状腺機能亢進症のチェックも必要ですし,
腫瘍性疾患にも注意が必要となります。
このため,このようなケースでは通常血液検査やエコー検査あるいはレントゲン検査などが必要かと思います。
ただ,かなり神経質な子のようなので,豆千代ちゃんへの負担と検査の必要性を天秤にかけてどこまでの検査やどのような治療を行うかを検討する必要があるかと思います。
いずれにしても現在の症状は単なるストレスで起こる様なレベルではないと思いますので,早めに受診されることをお勧めします。
精密検査を行って病態を把握しないことには,原因はもとより適切な治療方針を決定することは難しいのではないかと思います。
主治医の先生とよくご相談してみてください。

日時2019-03-13 19:26:52

むいむい(質問主)


ご回答をありがとうございます。

かかりつけの獣医さんに相談をしたところ、
『1月の受診時に基本的な検査は一通り行ったけれど、ストルバイト結晶以外の異常は見当たらなかった』ということで、
今回は受診をせずに、胃腸の働きを整える、プリンペラン錠というお薬を出して頂きました。
飲ませはじめて二日ほどで食欲が回復し、元気に遊ぶようにもなってきました。
今回は、胃腸に何か原因があったようですが、
やはり10歳以上になってくると、色々な病気を疑わないといけなくなってくることが良く理解できましたので、
同じようなことがまたあるようでしたら、次は迷わず受診をすることにいたします。

大変参考になりました。
ご相談に乗っていただいて、ありがとうございました。

日時2019-03-15 14:35:51

猫の皮膚病は飼い主が気づくことが多い病気です。よくある事例や飼い主が気づけるポイントを、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: