イヌ・ネコの健康医療相談

猫がお尻をこすりつけるのですが、肛門腺絞りをする必要はありますか

飼い主からの相談に専門の獣医師が回答します

ろくべえ(質問主)


猫アイコン 猫 4歳 メス 雑種

体重:4.2kg

飼育歴:4年1ヶ月

居住地:千葉県香取郡東庄町

飼育環境:室内

猫の肛門腺絞りについて。
4歳になる飼い猫(メス)が、お尻を布にこすり付ける動作が半年以上続いたため、A動物病院に連れて行ったところ、肛門腺が溜まっているのだろうと絞ってくれました。初めての肛門絞りで、「半固形状のものがけっこう溜まっていた。あまり溜まると破裂したりして大変な事になる。溜まりやすい子だと思うのでひと月からふた月に一回程度、定期的に絞りに来てください」との事でした。
これでお尻こすりは止むかと思いきや、数日するとまたお尻をこすり出しました。様子を見ていたのですが止めるようすは無く、3か月ほど経った現在、B動物病院に肛門腺絞りをお願いしたところ、「お尻をかゆがる事で考えられる病気はいくつかあるが、うちは肛門腺絞りはやっていない。肛門腺からの分泌物は自然に出るもので、むやみに絞るものではない。絞った結果良くなったのであれば良いとは思うが、絞り過ぎる事で悪い結果になることもある。」と言われて断られてしまいました。うちの子に関して言えば、肛門腺がたまる体質で定期的に絞る必要はあるのではと思っています。「結果良くなったのであれば良し」との事ですが、肛門腺を絞ったすぐ後にまたお尻をかゆがっていた事などを考えると、今後どうして良いかわからなくなりました。
肛門腺絞りに対してのお考えをご教授いただければ幸いです。

日時2018-12-24 11:06:43

専門の獣医師からの回答

猫の肛門腺を定期的にしぼるということは、あまり聞かないことです。書かれているように、肛門周囲のかゆみで受診して、肛門嚢の半固形状のものが溜まっていたのも変ですし、しぼる事でかゆみが収まらない事からも、まずは肛門嚢に炎症などが疑うのも一つです(腫瘍もあります)。触診でわかりづらかったら、エコー検査なども考えてください。
 犬に関しても肛門嚢は必ずしぼるものだという風潮がありますが、室内で飼育している犬で、なにかの拍子で肛門嚢が出てしまうと臭いので、人間のためにしぼるというのが本当だと思います。室内犬は肛門嚢液を排泄する機会が少ないのはありますが、排便時や、吠えた時、緊張した時に、自然と出るようになっています。そうでないと、自然界の肛門嚢をもつ動物は、いつも肛門嚢が破れている事になりますし、動物園の猛獣も定期的にしぼるということは聞いたことがありません。

日時2018-12-26 08:55:29

一般の飼い主さんからのコメント

いじゅう


受診頂いた数千頭の猫の中で2例だけ定期的に肛門線チェックに通ってもらっている子が居ます。
ひとつは肛門嚢炎を繰り返す子が出口が狭くなって肛門嚢破裂後に自力で出せなくなってしまった子
もう一つは食事に関連していると思われる肛門腺分泌物性状の変化が疑われる子。本当にご飯かは分かりませんが、経過から確信に近いものを感じています。
そんな感じで中には居ますよ。必要な子も。

それからうんちした後にその行動を取る子は一定数居るのかなとも思います。

日時2018-12-28 04:21:18

sippo編集部からのお知らせ

sippo編集部です。
健康医療相談では、ご相談をお受けしてから、それぞれの分野を専門とする獣医師に割り振り、アドバイスさせていただいています。回答する獣医師は、公益財団法人「動物臨床医学研究所」所属の現役の動物病院長らです。このためご相談をお受けしてから、回答があるまでに若干の時間をちょうだいしています。
また、sippoが依頼した獣医師の回答は、ほかのコメントと区別するため、「専門の獣医師からの回答」と表記しています。この「専門の獣医師からの回答」以外のコメントについては、sippoや動物臨床医学研究所が内容を保証するものではありませんので、お含みおきください。

日時2018-12-28 16:49:50

なぜ猫は腎臓病になりやすいのでしょうか。腎臓病の原因、代表的な症状、検査の基準値について、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が解説します。猫の健康に役立つ知識が身につく「まなびばsippo」をご覧下さい。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: