イヌ・ネコの健康医療相談

目や口、鼻鏡周りが赤くなっていて、時々頭や顔を掻いています

飼い主からの相談に専門の獣医師が回答します

まりはは(質問主)


犬アイコン 犬 7歳 メス 雑種

体重:16kg

飼育歴:7年4ヶ月

居住地:東京都杉並区

飼育環境:室内

3週間前から左の目周り口周りと鼻鏡際に赤みが。ジュクジュクはなく、うっすら赤く、これ以上良くもならず悪くもならない状態です。
見ている範囲ではかゆみは無いようですが、散歩から帰り足洗いと体拭きを終えたあとだけ、顔を床にこすりつけたり、たまに頭や顔をかいています。
食べ物アレルギーは多分違うと思います。おやつやフードは、グレインフリーのプレミアムをあげています。
昨年夏、同じ鼻鏡際に赤くぷっくり膨れました。いろいろ検査して調べても特定出来ず、ただアレルギーと診断され、長期のステロイド仕様で筋肉が痩せ、大事でした。
今回は膨れていないのと、痒がっていないので、メディカルアロマの真菌とかゆみ対応の精油をジェルにして一日二回塗布して、原因が何かの植物で季節性のものか、去年とどう違うか、様子を見ています。
指の股やお腹など、去年と同じく赤くないです。
時期も同じで、真夏を過ぎた晩夏に起こることから、ブタクサなどのような気もしますし、痒くないことから、かゆみが無い赤みという点でマラセチア?とも考えます。
とにかく緑の多い地域に住み、毎日原っぱを歩くので、特定できません。
なるべくステロイドは使いたくありません。
宜しくお願い致します。

日時2018-09-09 09:46:39

専門の獣医師からの回答

ご相談のように、眼の周囲や鼻鏡の皮膚との境界部、および口唇周囲は一般的にアレルギー性(免疫が関与)皮膚炎がみられ易い部位です。
昨年の夏にも鼻部の皮膚境界部で炎症性皮膚炎がみられたとのことですので、季節性のアレルギー性皮膚炎の可能性が考えられます。
湿潤はしていないとのことですので、1)原因の可能性がある物質との接触を避ける目的で、とても難しいことと思いますが3週間程度なるべく草木の少ない散歩コースを選び、散歩の途中で草むらに近付かないように配慮してみましょう。2)刺激のないシャンプー剤でやさしくシャンプーしてあげるのも体に付着している可能性がある花粉などのアレルゲンを洗い落とす、という意味で有効かもしれません。3)紫外線は炎症がある皮膚にとって刺激になりますので、直射日光は避けると良いでしょう。4)皮膚の炎症が持続すると、続発性(二次的な)の皮膚炎に移行して膿皮症(細菌感染)やマラセチア皮膚炎になりことがあります。ご愛犬の場合、写真を拝見する範囲では現時点でマラセチアの感染が病変に関与している可能性は低いように感じられますが、検査としては先ずは皮膚の捺印検査や皮膚掻爬検査からになりますので、ご心配な場合は主治医に相談されると良いでしょう。5)プラスチックの食器などの接触性アレルギーが考えられる場合は、食器を陶器のものに変更するのが良いと言われています。また、オモチャを咬んで遊んでいるようでしたら、オモチャが刺激になっていないかも考えて見ましょう。アトピー性皮膚炎では布製のオモチャや「ぬいぐるみ」のダニが刺激になっていることがあります。6)なるべくステロイドは避けたいとのこと。舌で舐めてしまう部位では効果を期待し難いのですが、現在の治療で炎症が収まらない場合は主治医に局所の外用薬が適用できないか相談してみられては如何でしょうか。7)ステロイド剤以外の薬剤で炎症を抑制する効果が期待でき、なおかつ副作用の少ないものとして、必須脂肪酸のサプリメント(犬の皮膚炎用)、ビタミンE、ビタミンCなどがあります。また、皮膚の健康維持のためのビタミンAや亜鉛の入った皮膚用のサプリメントなどもありますので、主治医にご相談されると良いでしょう。
現在の症状をピークに今後徐々に改善してくれると良いですね。どうぞお大事になさって下さい。

日時2018-09-13 19:18:04

まりはは(質問主)


先生、有難うございました。
3年半前は緑の少ない地域に住んでいました。今は杉並区の都内ながら緑の多い地域に越しました。足の関節の負担を考えると芝の道は良いのですが、不特定多数の草木に触れる機会が多く、何らかしらの皮膚トラブルに遭遇するお友達ワンちゃんは多くいます。
うちの子は、フード(グレインフリー、モグワン)やおやつ(手作り・むね肉・砂肝・レバー)をかなり私が厳選しているので、食べ物アレルギーではないですが、アレルギーになりやすい食材は避けており、アトピーもありません。
先生がおっしゃるように、晩夏だけになり、足や腹などならないことから、草木を避ける接触アレルギーと私も思います。体拭きや低刺激のオーガニックshampooでアレルゲンを落すよう気をつけます。後は犬には可哀想ですが、なるべく大好きな芝は避けお散歩します。
分かりやすい、丁寧な回答有難うございました。

日時2018-09-13 19:59:32

「上下関係のために犬は甘やかしてはいけない」。こんなしつけ方は正しいのでしょうか? のべ10万頭以上の実績がある専門家が、最新のしつけ理論を動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: