【ビーグル】素直でやさしい元猟犬 家庭犬になってもよく吠え、元気に走り回る

 人気犬種の特徴や性格、しつけ、お手入れ、飼い方、健康上の注意などを解説する犬種図鑑。今回は、スヌーピーのモデルにもなった、とにかく元気な小型犬「ビーグル」です。(出典:学研プラス「まるごとわかる犬種大図鑑」、若山正之獣医師監修)

猟犬だけに元気な小型犬ビーグル
猟犬だけに元気な小型犬ビーグル

ビーグルは、ムダ吠え防止、食事管理のしつけが必要

 紀元前から狩りを続けていた犬が祖先の、生粋のハウンド(猟犬)です。かつてのウサギ猟は、数十頭のビーグルが吠えながら獲物を追いつめるスタイルでした。

 よく通る独特の鳴き声は現在のビーグルにも受け継がれており、集合住宅で飼う際は注意が必要。子犬の頃からムダ吠えを防ぐしつけを徹底しましょう。また、ひとりでいることが苦手で、寂しくなると吠えてしまうので、留守がちの家庭にはお勧めできません。

障害物を難なく飛び越える小型犬ビーグル
障害物を難なく飛び越える小型犬ビーグル

 性格は素直でやさしく、子どもやほかの動物ともよい関係を築けるため、初心者でも飼いやすい犬種です。

 一方、この犬は大変な食いしん坊なので、食事には要注意。肥満防止のため、フードのカロリー管理をすることはもちろん、散歩のときに拾い食いをさせないしつけも徹底させなければいけません。

 お手入れは週に1度か2度、獣毛ブラシでやさしくブラッシングを。また、垂れ耳の中が蒸れやすいので耳掃除も定期的に行いましょう。

ビーグルの子犬
ビーグルの子犬

ビーグルの成犬の大きさ

  • 原産国 イギリス
  • 体高 33~41cm
  • 体重 8~14kg

やんちゃな表情をした小型犬ビーグル
やんちゃな表情をした小型犬ビーグル

ビーグルの5段階評価

  • 飼いやすさ ★★★★
  • 必要な運動量 ★★★★
  • トレーニングのしやすさ ★★★
  • 寒さに強い ★★★
  • 状況判断力 ★★

スヌーピーのモデルになったとされる愛くるしい顔の小型犬ビーグル
スヌーピーのモデルになったとされる愛くるしい顔の小型犬ビーグル

ビーグルのルーツは猟犬、スヌーピーのモデルにも

 紀元前のギリシアでウサギ狩りに使われていた犬を祖先とする、大変古い歴史を持つ犬です。エリザベス朝時代のイギリスでは優秀な猟犬として活躍。第二次大戦後は「スヌーピー」のモデルとなったことから、家庭犬としても爆発的な人気を博すようになりました。

ビーグルはマイペースでしつけに時間が必要

 穏やかで、飼い主や家族に従順ですが、一方で自立心や独立心が強く、ややマイペースな一面も見られます。そのため、しつけには少し時間がかかります。強く叱ることは避け、訓練に成功したら上手にほめてやり、犬とのコミュニケーションを深めながらしつけましょう。

 犬種図鑑一覧へ

「まるごとわかる犬種大図鑑」
監修:若山正之/写真:藤原尚太郎
発行:学研プラス
判型:A5、242ページ
定価:1500円+税
監修:若山正之
獣医師。若山動物病院(千葉県佐倉市)院長。犬や猫のヘルススパンを延ばす的確な診断とアドバイスに定評があり、寝たきりや認知症になった犬の介護などに、独自のノウハウを持つ。

あわせて読みたい

 犬を飼い始めるとき、どうやって探しますか――。最近でこそペットショップで買う人が多いですが、それ以外にも、犬と出会う方法はあります。譲渡会などを通じて、行政や保護団体などに一時保護された保護犬を引き取って飼えば、処分される不幸な犬を救うことにもなります。欧米では、買うより譲渡を受ける方が一般的。飼い始めれば、どの子もかわいい家族です。
 ペットショップで数十万円もする犬を買う前に、まず保護犬を飼うことを考えてみませんか。関係記事をご紹介します。