【シェットランド・シープ・ドッグ】荒涼の地で育った牧羊犬シェルティー 美しくなびく毛並

 人気犬種の特徴や性格、しつけ、お手入れ、飼い方、健康上の注意などを解説する犬種図鑑。今回は、コリーに似た美しい毛並みの小型犬「シェットランド・シープ・ドッグ」です。(出典:学研プラス「まるごとわかる犬種大図鑑」、若山正之獣医師監修)

毛並みが美しい小型犬シェットランド・シープドッグ
毛並みが美しい小型犬シェットランド・シープドッグ

シェルティーは、運動不足がストレスになり、ムダ吠えも

 コリーをそのまま小型化したような外見を持つこの犬は、「シェルティー」の愛称で親しまれています。誕生したシェットランド諸島は荒涼とした大地で、しばしば嵐にも見舞われる厳しい環境。食料も乏しかったため、小型で丈夫なこの犬種は、当時の人びとに重宝されました。

 こうした過酷な状況で生きてきた犬を祖先とするため、大変パワフルな犬です。とくに若い頃の運動量はかなりのもの。朝夕2回、それぞれ30分程度の散歩に加え、安全な場所で自由に走らせましょう。

シェットランド・シープ・ドッグ
シェットランド・シープ・ドッグ

 また、訓練性能が高いので、ドッグスポーツにチャレンジすることもお勧めです。運動量がたりないとストレスがたまり、ムダ吠えをすることがあります。肥満にもつながるので、積極的に体を動かしてあげるとよいでしょう。

 ボリュームのある被毛は定期的なお手入れが不可欠。ピンブラシを使い、週に2回はブラッシングをします。とくに、毛玉になりやすい耳のうしろや内股周辺は念入りに。

コリーを小さくしたような風貌の小型犬シェットランド・シープドッグ
コリーを小さくしたような風貌の小型犬シェットランド・シープドッグ

シェットランド・シープ・ドッグの成犬の大きさ

  • 原産国 イギリス(シェットランド諸島)
  • 体高 33~41cm
  • 体重 6~12kg

シェットランド・シープ・ドッグの5段階評価

  • 飼いやすさ ★★★★
  • 必要な運動量 ★★★★
  • トレーニングのしやすさ ★★★★
  • 寒さに強い ★★★
  • 状況判断力 ★★★★

ボリュームある被毛の小型犬シェットランド・シープドッグ
ボリュームある被毛の小型犬シェットランド・シープドッグ

シェットランド・シープ・ドッグは賢く従順でしけやすい

 牧羊犬として働いてきたこともあり、飼い主に対して従順な性質です。また、利口でもの覚えがよいので、基本的なしつけはすぐに習得します。一方で、繊細な面があるので、家族以外の人やほかの動物、また、雑音や物音に慣れさせてあげるとよいでしょう。

シェットランド・シープ・ドッグのルーツは島

 スコットランド北端のシェットランド諸島で牧羊犬として活躍してきました。正確な起源は不明ですが、ボーダー・コリーの祖先にあたる犬をもとに、サモエドやラフコリーなどと交配して誕生したと考えられています。家庭犬として人気が出たのは19世紀以降のこと。

犬種図鑑一覧へ

「まるごとわかる犬種大図鑑」
監修:若山正之/写真:藤原尚太郎
発行:学研プラス
判型:A5、242ページ
定価:1500円+税
監修:若山正之
獣医師。若山動物病院(千葉県佐倉市)院長。犬や猫のヘルススパンを延ばす的確な診断とアドバイスに定評があり、寝たきりや認知症になった犬の介護などに、独自のノウハウを持つ。

あわせて読みたい

 犬を飼い始めるとき、どうやって探しますか――。最近でこそペットショップで買う人が多いですが、それ以外にも、犬と出会う方法はあります。譲渡会などを通じて、行政や保護団体などに一時保護された保護犬を引き取って飼えば、処分される不幸な犬を救うことにもなります。欧米では、買うより譲渡を受ける方が一般的。飼い始めれば、どの子もかわいい家族です。
 ペットショップで数十万円もする犬を買う前に、まず保護犬を飼うことを考えてみませんか。関係記事をご紹介します。