【ビション・フリーゼ】貴婦人に愛された、モコモコの白い巻き毛の小型犬 明るく陽気

 人気犬種の特徴や性格、しつけ、お手入れ、飼い方、健康上の注意などを解説する犬種図鑑。今回は、ヨーロッパの貴婦人たちに愛された、白く美しい小型の愛玩犬「ビション・フリーゼ」です。(出典:学研プラス「まるごとわかる犬種大図鑑」、若山正之獣医師監修)

ぬいぐるみのような犬ビション・フリーゼ

被毛の定期的な手入れ必要、ムダ吠え防止のしつけを

 ビションはフランス語で「飾る」、フリーゼは「縮れ毛・巻き毛」という意味。その名の通り、モコモコとした姿が愛され、古くから愛玩犬として親しまれてきました。ヨーロッパの高貴な婦人たちの間では、肖像画を描かせるとき、この犬と一緒にモデルになることが流行しました。

 ボリュームのある被毛の下は、筋肉質な体型で健康的。

古くから愛されている小型犬ビション・フリーゼ

 性格も明るく陽気です。また、抜け毛や体臭も少ないので室内飼育に向いていますが、ムダ吠えをすることがあるので、しつけが欠かせません。

 理想的といえる家庭犬ですが、美しい被毛を保つための手間は覚悟しておきましょう。スリッカーブラシやコームを使って毎日ブラッシングをし、1か月に1度くらいはトリミングを。プロに頼むことになるので、ある程度の出費を見越しておきましょう。

 運動量は少なくても構いません。室内や庭で遊ばせるだけでも十分ですが、気分転換のために、毎日短時間の散歩をすることがお勧めです。

丸く頭をカットされた小型犬ビション・フリーゼ

ビション・フリーゼの成犬の大きさ

  • 原産国 フランス
  • 体高 30cm以下
  • 体重 3~6kg

モコモコな小型犬、ビション・フリーゼ

ビション・フリーゼの5段階評価

  • 飼いやすさ ★★★★
  • 必要な運動量 ★★
  • トレーニングのしやすさ ★★★
  • 寒さに強い ★★★
  • 状況判断力 ★★★★

ビション・フリーゼの子犬

ビション・フリーズのルーツはカナリア諸島、マルチーズなどと交配

 アフリカ大陸北西のカナリア諸島に古くから生息する犬が祖先。14世紀にイタリアの船員がヨーロッパに持ち帰り、マルチーズやプードルと交配させて誕生しました。1970年代にアメリカで開発された独特のトリミングがきっかけで、ショードッグとして大流行しました。

ビション・フリーゼはしつけやすく、芸の覚えも良い

 飼い主や家族に従順に従おうとする犬種なので、トレーニングはしやすいといえます。飲み込みが早いので、基本的なしつけはすぐにマスターできるでしょう。少し高度な訓練にもついてくる賢さも備えているので、いろいろな芸を教えてみると絆が深まるかもしれません。

 犬種図鑑一覧へ

「まるごとわかる犬種大図鑑」
監修:若山正之/写真:藤原尚太郎
発行:学研プラス
判型:A5、242ページ
定価:1500円+税
監修:若山正之
獣医師。若山動物病院(千葉県佐倉市)院長。犬や猫のヘルススパンを延ばす的確な診断とアドバイスに定評があり、寝たきりや認知症になった犬の介護などに、独自のノウハウを持つ。

あわせて読みたい

 犬を飼い始めるとき、どうやって探しますか――。最近でこそペットショップで買う人が多いですが、それ以外にも、犬と出会う方法はあります。譲渡会などを通じて、行政や保護団体などに一時保護された保護犬を引き取って飼えば、処分される不幸な犬を救うことにもなります。欧米では、買うより譲渡を受ける方が一般的。飼い始めれば、どの子もかわいい家族です。
 ペットショップで数十万円もする犬を買う前に、まず保護犬を飼うことを考えてみませんか。関係記事をご紹介します。