【アメリカン・コッカー・スパニエル】優雅な雰囲気の中型犬 実はフレンドリーな甘えん坊

 人気犬種の特徴や性格、しつけ、お手入れ、飼い方、健康上の注意などを解説する犬種図鑑。今回は、容姿は優雅でありながら、実は人なつっこく甘えん坊な中型犬「アメリカン・コッカー・スパニエル」です。(出典:学研プラス「まるごとわかる犬種大図鑑」、若山正之獣医師監修)

長い毛が優雅な犬、アメリカン・コッカー・スパニエル

毎日の運動と入念なブラッシングが必要

 優雅なたたずまいで、風格すら感じますが、性格はフレンドリー。初対面の相手にも臆することなく接します。飼い主や家族には愛情を深く注ぎ、いつも一緒にいたがる甘えん坊。穏やかで、ほかの犬とも仲良くできるので、多頭飼いでも問題はありません。

 元々、猟犬なので、活発な運動が必要です。散歩にくわえ、ドッグスポーツに挑戦することもお勧め。肥満にならないよう、犬が興味を示す運動を継続しましょう。

オシャレな犬、アメリカン・コッカー・スパニエル

 毛量が豊富で、ゴミがからみやすいので、毎日のブラッシングは入念に。トリミングは月に2回くらいが理想です。また、皮膚が脂っぽく、体臭が強いので、気になったときはシャンプーをしましょう。

 ただし、この犬種は皮膚が弱く、皮膚炎や脂漏症を起こすことがあります。シャンプーは獣医師さんとも相談しつつ、低刺激のものを使って様子を見るようにしましょう。垂れ耳で蒸れやすく、外耳炎になる恐れもあるので、耳の中も清潔に保ちます。

高貴さも漂う犬アメリカン・コッカー・スパニエル

アメリカン・コッカー・スパニエルの成犬の大きさ

  • 原産国 アメリカ
  • 体高 34.3~39.4cm
  • 体重 11~13kg

アメリカン・コッカー・スパニエルの子犬

アメリカン・コッカー・スパニエルの5段階評価

  • 飼いやすさ ★★★★
  • 必要な運動量 ★★★
  • トレーニングのしやすさ ★★★★
  • 寒さに強い ★★★
  • 状況判断力 ★★★

黒くシックな犬、アメリカン・コッカー・スパニエル

ルーツは鳥猟犬、英国から米国に渡って改良

 イギリスからアメリカへ最初の移民が渡ったのは1620年のことでした。その移民たちが飼っていたイングリッシュ・コッカー・スパニエルが祖先とされています。元々は愛玩犬として飼われていましたが、その後交配を重ねて、鳥猟犬として改良されていきました。

アメリカン・コッカー・スパニエルは賢く、しつけやすい

 注意力が高くて利口なので、教えたことはすぐに習得します。一方、恐怖を感じると注意力が散漫になることが。甘やかし過ぎてもいけませんが、叱るときには大きな声を出さないようにしましょう。失敗をしたときは、冷静な口調で諭すように叱ることがお勧めです。

 犬種図鑑一覧へ

「まるごとわかる犬種大図鑑」
監修:若山正之/写真:藤原尚太郎
発行:学研プラス
判型:A5、242ページ
定価:1500円+税
監修:若山正之
獣医師。若山動物病院(千葉県佐倉市)院長。犬や猫のヘルススパンを延ばす的確な診断とアドバイスに定評があり、寝たきりや認知症になった犬の介護などに、独自のノウハウを持つ。

あわせて読みたい

 犬を飼い始めるとき、どうやって探しますか――。最近でこそペットショップで買う人が多いですが、それ以外にも、犬と出会う方法はあります。譲渡会などを通じて、行政や保護団体などに一時保護された保護犬を引き取って飼えば、処分される不幸な犬を救うことにもなります。欧米では、買うより譲渡を受ける方が一般的。飼い始めれば、どの子もかわいい家族です。
 ペットショップで数十万円もする犬を買う前に、まず保護犬を飼うことを考えてみませんか。関係記事をご紹介します。