【シベリアン・ハスキー】明るく人懐っこい大型犬 極地探検でも活躍、相当な運動が必要

 人気犬種の特徴や性格、しつけ、お手入れ、飼い方、健康上の注意などを解説する犬種図鑑。今回は、極寒の地でもよく働く、強靱で従順な大型犬「シベリアン・ハスキー」です。(出典:学研プラス「まるごとわかる犬種大図鑑」、若山正之獣医師監修)

精悍な風貌の犬、シベリアン・ハスキー

シベリアン・ハスキーは暑さが苦手、運動不足で神経質に

 シベリアで作業犬として働いていた経験を買われて、アメリカ隊の北極点探検や、ノルウェー隊の南極探検にも同行して活躍しました。極寒の地でも黙々と働き続ける心身の強さを持っていますが、その反面、暑さに弱いので日射病には十分に注意を。

鋭い目つきの犬、シベリアン・ハスキー

 性格は陽気で人なつこく、飼い主に従順です。子どもとも仲良くできるので、コンパニオンドッグとして家族のムードメーカーになれるでしょう。

 この犬は、全犬種の中でもトップクラスの運動量を必要とする犬です。朝夕2回、それぞれ1時間ずつの散歩にくわえ、本能を満たすために、ソリや荷車を引かせる運動もお勧めです。運動量が減ると神経質になり、ムダ吠えに悩まされることになります。運動の時間がとれるかを考えてから飼うようにしましょう。

 通常のお手入れは、週1回のブラッシングで十分。ただし、春から初夏の換毛期には、大量の被毛がごっそり抜けます。この時期は毎日のブラッシングを心がけましょう。

シベリアン・ハスキーの子犬

シベリアン・ハスキーの成犬の大きさ

  • 原産国 アメリカ
  • 体高 50.5~60cm
  • 体重 15.5~28kg

シベリアン・ハスキーの5段階評価

  • 飼いやすさ ★★★★
  • 必要な運動量 ★★★★★
  • トレーニングのしやすさ ★★★
  • 寒さに強い ★★★★
  • 状況判断力 ★★★

ソリを力強くひく犬、シベリアン・ハスキー

シベリアン・ハスキーのルーツはソリ引き犬

 シベリアの北東部に住んでいたチュクチ族に飼育され、猟犬、ソリ引き、ボート引きなど、幅広く活躍していました。1909年にアラスカで開催されたソリ引きレースで好成績を残し、世界に知られることに。その後アメリカで交配が重ねられ、現在の姿になりました。

シベリアン・ハスキーの子犬

シベリアン・ハスキーはしつけないとリードを引っ張る

 人なつこい性格ですが、奔放で、やや頑固なところがあるので、服従訓練を中心に念入りに行いましょう。また、ソリ犬の本能が働き、散歩の際にリードを引っ張って走り出す習性があります。事故につながるので、力が強くない子犬のうちに、しっかりとしつけましょう。

 犬種図鑑一覧へ

「まるごとわかる犬種大図鑑」
監修:若山正之/写真:藤原尚太郎
発行:学研プラス
判型:A5、242ページ
定価:1500円+税
監修:若山正之
獣医師。若山動物病院(千葉県佐倉市)院長。犬や猫のヘルススパンを延ばす的確な診断とアドバイスに定評があり、寝たきりや認知症になった犬の介護などに、独自のノウハウを持つ。

あわせて読みたい

 犬を飼い始めるとき、どうやって探しますか――。最近でこそペットショップで買う人が多いですが、それ以外にも、犬と出会う方法はあります。譲渡会などを通じて、行政や保護団体などに一時保護された保護犬を引き取って飼えば、処分される不幸な犬を救うことにもなります。欧米では、買うより譲渡を受ける方が一般的。飼い始めれば、どの子もかわいい家族です。
 ペットショップで数十万円もする犬を買う前に、まず保護犬を飼うことを考えてみませんか。関係記事をご紹介します。