【ヨークシャー・テリア】美しい直毛の愛玩犬、「動く宝石」呼び名も 活発で甘えん坊

 人気犬種の特徴や性格、しつけ、お手入れ、飼い方、健康上の注意などを解説する犬種図鑑。今回は、絹のような被毛で「動く宝石」とも呼ばれて愛されている「ヨークシャー・テリア」です。(出典:学研プラス「まるごとわかる犬種大図鑑」、若山正之獣医師監修)

「動く宝石」とも呼ばれ、美しい毛並みの小型犬ヨークシャー・テリア
「動く宝石」とも呼ばれ、美しい毛並みの小型犬ヨークシャー・テリア

ヨークシャー・テリアはムダ吠え防止のしつけ、毛の手入れ必要

 絹糸のような美しい直毛を評して「動く宝石」ともいわれ、世界中で親しまれている愛玩犬です。ときには優雅に、ときには愛らしく動きまわる姿が目を引きますが、実際の性格はかなり活動的。これは、この犬がかつて、ネズミを退治するための猟犬として活躍していたことに由来します。

 多くのテリア犬と同様に、勇敢で自己主張が強く、警戒心が旺盛。飼い主に対しては愛情深く接しますが、家族のそばにいられないとストレスをためてしまう、甘えん坊の一面があります。

 ムダ吠えをすることも多いので、集合住宅で飼うときは要注意。子犬の頃からしつけを徹底しましょう。しっかりと社会性を身につければ、わがままな部分や攻撃的な気質が抑えられ、理想的な家庭犬になります。昔から「目で話す犬」と言われるほど表情が豊かで、子どもたちのよい遊び相手になってくれるでしょう。

美しいスタイルの小型犬、ヨークシャー・テリア
美しいスタイルの小型犬、ヨークシャー・テリア

 この犬を飼うときにもっとも気をつけなければいけないことは、美しい被毛をどのように保つかということです。家庭で飼う場合は、短めのペットカットにすることがほとんどですが、短くしたからといって、被毛のお手入れをしないでもよいというわけではありません。ブラッシングを怠ると、すぐに毛玉ができてしまい、皮膚炎の原因になることがあります。また、目や口の周りの毛は、つねに清潔に保っておきましょう。

 運動量は少なくても構いません。室内で遊ばせるだけでも十分ですが、前述の通り、社会性を身につけさせるためにも、短時間の散歩に連れていくとよいでしょう。暑さや寒さに弱いので室内飼いがお勧めですが、骨が弱く、骨折の恐れがあるので、安全な環境づくりが欠かせません。

小型犬ヨークシャー・テリアの子犬
小型犬ヨークシャー・テリアの子犬

ヨークシャー・テリアの成犬の大きさ

  • 原産国 イギリス
  • 体高 22.5~23.5cm
  • 体重 3.1kg以下

ヨークシャー・テリアの5段階評価

  • 飼いやすさ ★★★
  • 必要な運動量 ★★
  • トレーニングのしやすさ ★★
  • 寒さに強い ★★
  • 状況判断力 ★★

やんちゃそうな小型犬ヨークシャー・テリア
やんちゃそうな小型犬ヨークシャー・テリア

ヨークシャー・テリアの身体的特徴、絹のような直毛

【頭部】

 頭頂部は平らになっています。V字型の小さな耳はピンと立って、かわいらしい印象。目は適度な大きさで暗色に輝いています。マズルは丸くて低い形状で、鼻先は黒々としています。

【被毛】

 絹糸のような直毛。顔周辺から生える毛は足先まで伸びます。毛色は後頭部からしっぽのつけ根までがダーク・スチール・ブルー、頭部はゴールデン・タン、胸と四肢は鮮やかなタンです。

【しっぽ】

 背の高さよりも少し高い位置で保持されています。色はボディの他の部分よりも暗め。かつては断尾をする習慣がありましたが、最近は自然のままにすることが多くなっています。

【体型】

 引き締まった体型です。背中の長さはやや短めで水平。腰はしっかりとして頑丈な印象を与えます。被毛に隠れていますが、アバラがほどよく張って、がっしりとした胴回りをしています。

小型犬ヨークシャー・テリアの子犬
小型犬ヨークシャー・テリアの子犬

【健康上の注意】ヨークシャー・テリアは膝関節や目の異常に注意

 ほかの小型犬同様、幼犬時に低血糖症になることがあります。膝関節の脱臼も、小型犬がつねに悩まされる問題で、幼犬時に足を引きずるようなら、早めに病院へ。また、門脈という血管と、大静脈の間に異常な連絡路が生じ、毒素が体中を循環して障害を起こす門脈シャントが、生後1〜2年で発症することがあります。さらに、乾性角結膜炎やまつげの重生など、目の異常にも注意しましょう。

◇ヨークシャー・テリアがかかりやすい病気

膝蓋骨の脱臼/歯突起の形成不全/乾性角膜炎(ドライアイ)/まつげの重生/水頭症/肝性脳症(門脈シャント)/レッグ・パーセス病

まゆげのような毛がかわいい犬、ヨークシャー・テリア
まゆげのような毛がかわいい犬、ヨークシャー・テリア

ヨークシャー・テリアはしつけず甘やかすとわがままに

 テリア犬種特有の気の強さが見られます。甘やかすとわがままになってしまうので、子犬の頃からしっかりとしつけましょう。また、咬みぐせが出ることもあるので、早いうちから甘咬みをやめさせること。もの覚えは悪くありませんが、頑固な一面があるので、根気強く訓練しましょう。

小型犬ヨークシャー・テリアの子犬
小型犬ヨークシャー・テリアの子犬

ヨークシャー・テリアのルーツは工場のネズミ退治用

 工業地帯であるイギリス・ヨークシャー地方の工員や炭鉱夫たちが、ネズミを退治するため19世紀中頃に作出した犬です。当初は今よりも大きいサイズで黒っぽい外見をしていましたが、のちにアメリカに紹介されてからは小型化と被毛の改良が進み、現在の姿になりました。

愛嬌のある小型犬ヨークシャー・テリア
愛嬌のある小型犬ヨークシャー・テリア

ヨークシャー・テリアこぼれ話

◇中には7キロ以上大きくなるケースも

 ヨークシャー・テリアは、JKCが公認する犬種では、チワワに次いで小さな犬。犬種として公認される大きさは3.1kg以下とされています。もともとかなり大型の犬だったこともあり、現在も3.1kgを超える大きさの個体が生まれることが多くあります。7kgほどに成長することもめずらしくありません。それらの犬は、厳密にはヨークシャー・テリアには分類されないかもしれませんが、健康に問題があるわけではありません。その犬の個性として、たっぷりかわいがってあげてください。

◇駅長になって人々を楽しませるヨークシャー・テリアも

 愛敬のある仕草で誰からも愛されるヨークシャー・テリアは、セラピードッグやコンパニオンドッグとしてさまざまな場所で人々を笑顔にしています。2008年には、マロンというヨークシャー・テリアが、いわて銀河鉄道線の奥中山高原駅の名誉駅長に就任。特製の制帽や制服も作られ、訪れる観光客に愛されました。オリジナルグッズの販売や、写真集の出版など、全国的にも有名な駅長さんになりましたが、2009年に他界。現在は2代目マロン駅長が、乗降客を迎えているそうです。

 犬種図鑑一覧へ

「まるごとわかる犬種大図鑑」
監修:若山正之/写真:藤原尚太郎
発行:学研プラス
判型:A5、242ページ
定価:1500円+税
監修:若山正之
獣医師。若山動物病院(千葉県佐倉市)院長。犬や猫のヘルススパンを延ばす的確な診断とアドバイスに定評があり、寝たきりや認知症になった犬の介護などに、独自のノウハウを持つ。

あわせて読みたい

 犬を飼い始めるとき、どうやって探しますか――。最近でこそペットショップで買う人が多いですが、それ以外にも、犬と出会う方法はあります。譲渡会などを通じて、行政や保護団体などに一時保護された保護犬を引き取って飼えば、処分される不幸な犬を救うことにもなります。欧米では、買うより譲渡を受ける方が一般的。飼い始めれば、どの子もかわいい家族です。
 ペットショップで数十万円もする犬を買う前に、まず保護犬を飼うことを考えてみませんか。関係記事をご紹介します。