イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

ちい(質問主)


犬アイコン 犬 15歳 メス 雑種

体重:3.5kg

飼育歴:14年6ヶ月

居住地:埼玉県越谷市

飼育環境:室内

現在の状態
1日にするおしっこの量が減った
犬の膣の毛周りに黒いカスのようなものがついている

・経緯
①元々、おトイレシートに直径10cm〜12cmくらいの大きさになるおしっこを5〜10回+直径5cm未満の大きさ又はスポイトで2.3滴垂らした程度の量をマーキングとしてするくらいでしたが、2.3週間前ほどからおトイレシートに直径5cm〜10cm 未満の大きさ程を5〜10回ほどに減りました。
(回数はあまり減っていないように見えるのですが、一回の量が少なくなりました)

②5月13日から6月27日くらいまで生理でした。
生理だからか膣が普段よりも丸く膨らんでいました。
終わりかけてきた頃から(1週間ほど前)肛門寄りの膣の膨らみに黒いカス?汚れのようなものがつきはじめました。
犬用ウェットティッシュでつまんで取ると取れますが、ただ拭いたり犬が舐めただけでは取れません。
(痛がったり擦り付けたりはしないのですが、一日何回か舐めています。)

・かかりつけの獣医師の説明
①5月中旬に尿の相談ではなく歯の相談をした際に行った血液検査では体に異常がみられず、腎臓病も悪化していませんでした。
②いつも通りの生理だったので何も相談せず、先生も特に注目して肛門は見ていなかったです。

※6月28日に階段から落ち、かかりつけの獣医師の方ではない往診して下さる別の獣医師の方に、内臓をエコーで見て頂いたり肛門や膣周りを見ていただいたのですが、異常はないと診断されました。
ただ、その時は階段から落ちて足の爪を怪我したので、足や内臓の損傷をメインで診察していただいていたので、私が心配な①②のことを聞いた訳ではないです。
(足の爪が折れて、取ったので抗生物質を飲んでいます)

・何を相談したいのか
膣や膀胱など、何かしらの病気であるのか?

お忙しい中恐れ入りますがご教示頂ければ幸いです、

日時2020-07-02 21:47:03

専門の獣医師からの回答

高齢で不妊手術をしてないので
様々な病気を考えなければなりません。
元気食欲があり
体重減少もないのでしたら
症状からは膣、膀胱、子宮の問題を中心に考えればいいと思います。
尿の回数が減る病気は少ないと思います。
継続的にエコーによる膀胱、子宮のチェック、
尿の検査。膣の炎症具合を診察して貰えばいいと思います。

また高齢なので全身的なスクリーニング検査
血液検査、レントゲン、エコーも
主治医と相談して進められたらと思います。

日時2020-07-07 17:31:50

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: