母猫から追われ、ひとりぼっちになった子猫 見かねて保護される

 野良猫から産まれた子猫。母猫は乳離れをした子猫を突き放すようになった。たった1匹で途方にくれていた子猫は、不憫に思った人に引き取られた。

(末尾に写真特集があります)

お母さん猫に突き放されて

 大阪府に住む宮沢さんの職場の天井裏で、野良猫が5匹の子猫を産んだ。前の年にも天井裏で子猫を産んだ同じ母猫のようだった。

 5匹のうち2匹は行方不明になり、2匹は宮沢さんの知り合いが引き取った。残る1匹のキジシロは、乳離れをすると、母猫からシャーっと追い立てられて、行き場もなくうろうろしていた。子猫がお母さん猫の近くに行きたがっているのは、はた目にもよく分かった。

 保護猫ボランティアもしている宮沢さんは、当時家で2匹の黒猫を飼っていたが、ひとりぼっちの子猫を見かねて、保護することにした。2010年8月のことだ。

 朝晩ごはんをあげていたので、子猫は「おいで」と言うと寄ってきた。宮沢さんはキャリーケースの中まで子猫を誘導して、捕獲した。

あごひげのような模様から「水戸ちゃん」

あごひげから「水戸ちゃん」に

 宮沢さんの家に引き取られた子猫は、あごひげのような毛があって、耳がとがっていたので、水戸黄門にちなんで「水戸ちゃん」と名付けられた。

 先住猫の黒猫2匹は、水戸ちゃんより半年くらい年上のお姉さん。2匹は仲がいいのだが、あまり他の猫を寄せ付けないので、水戸ちゃんは甘えたくても寄り付けなかった。もっとも3匹は一定の距離を保ち、ケンカになることもなかった。

 水戸ちゃんは生後半年くらいの時に猫かぜをひいたものの、その後は元気に育った。多くの猫は女の人が好きだが、なぜか水戸ちゃんは男性が大好きなんだという。

「柿が好物なんです。シャリシャリと食べるんですよ。レタスとか小松菜も大好きです」

 宮沢さんは愛おしそうに水戸ちゃんをながめて語った。

小ちび、スミッチちゃんに囲まれてベッドでくつろぐ

【関連記事】目の不自由な子猫 代わりに鋭い嗅覚、元気に走り回って暮らす

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。朝日新聞社sippo、telling、文春オンライン、サライ.jp、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。FB:https://www.facebook.com/writer.youwatanabe

sippoのおすすめ企画

家の中に寄生虫!? 完全室内飼いの猫も対策が必要な5つの理由

「家飼いだから安心」と思いがちだが、実は家の中でも寄生虫のリスクは少なくありません。きちんと寄生虫のリスクと対策を学んでおきましょう【ネコも動物病院プロジェクト】

この特集について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。