50代で念願の猫飼い プニプニに感動、男ばかりの家が明るく

   子育てを終えた50代の母親が、生まれて初めて猫を迎えた。2匹とも譲渡会で出会った元保護猫。プニプニの前足など、愛らしさに夢中になった。いたずらを防止するため、部屋は殺風景にはなったものの、男ばかりの家に笑顔が増えて明るくにぎやかになったという。

(末尾に写真特集があります)

 東京都渋谷区の住宅を訪ねると、キジトラの子猫が尾を膨らませて、2階へ駆け上がっていった。「どうしたの?」と主婦の永井さん(54)。そばには、もう1匹のキジトラがのんびりくつろいでいる。

「今、逃げたのが生後半年の『しろ』で、ここにいるのが4歳の『チャー』。どちらもオスです。でも、あの子が逃げるとは予想外(笑)」

 永井さんによれば、2匹ともフレンドリー。とくに「しろ」は甘えんぼうだという。どうやら来客に慣れておらず、驚いてしまったようだ。

幼く無邪気なしろ(左)とチャー(提供写真)
幼く無邪気なしろ(左)とチャー(提供写真)

50代で初めて知ったプニプニ

 夫と息子2人の4人家族の永井家が、初めて猫を迎えたのは、3年前の6月だ。

「夫は実家で猫を飼っていましたが、私は50歳過ぎて初めての経験。ずっと猫との生活に憧れていたんですが、友人に『猫は家具を傷つけるし、カーテンに上るし、大変よ』って言われて、ちゅうちょしていたんです。次男が高校受験を終えたので、ついに飼うことにしました。家族旅行にいくことも減り、何日も留守にすることがなくなったので、いいタイミングだと思って」

 インターネットで調べて、原宿で開かれた譲渡会に出かけた。ビビッて隠れる猫が多い中、指をペロペロなめる人なつこい猫がいた。それが、当時1歳だったチャーだ。

「チャーは熊本地震で被災した猫でしたが、落ち着いていて、家にもすぐに慣れました。猫の手(前足)ってこんなにプニプニ柔らかいんだって感動しました。つらいことがあっても手を握ると癒やされるんです」

 チャーはおとなしいが、食欲はすごかった。お皿の上の鮭をくわえて逃げたり、味噌汁の野菜を食べようとしたり、ゴミ箱を漁ることもあった。そこで居間にゴミ箱を置くのをやめ、ピアノの上の置物を片付け、室内から観葉植物もなくした。

「部屋は殺風景になったけど、猫がいることで雰囲気が明るくなりました」

チャーを抱く永井さん「猫がこんなに可愛いなんて」
チャーを抱く永井さん「猫がこんなに可愛いなんて」

   次男の大学受験が終わった後、2匹目を迎えることにした。寝てばかりいるチャーが寂しそうに見えたからだ。

   そして、この夏、新聞で見つけた新宿の京王百貨店での譲渡会に次男と出かけた。欲しかったのは茶トラ猫だが、ボランティアに「先住に4歳のキジトラがいるなら難しい」といわれ、別のボランティアにすすめられたのが、生後2カ月の「しろ」だった。

子猫を迎えたら、先住猫がよそよそしく

「最初、しろには風間君という名がついていて(笑)、この風間君ならうまくいくって言われてトライアルしたんです。チャーは最初、『なんだおめえは?』って感じで見ていましたが、いじめることはありませんでした」

 無邪気な子猫のしろは、とにかくチャーの後を追う。そんなしろをチャーは迎え入れた。キジトラ同士、まるで仲の良い親子ように見えた。チャーは座る場所、食べる順番、永井さんの膝まで、しろに譲った。しかし実は、心の奥でぐっと堪えていたようだ。

「しろが来て2週間後、チャーが急に食べなくなってしまって……」

   あわてて病院に連れて行った。獣医師に、内臓はどこも悪くないが、「ストレスを抱えている」と言われた。フードを替えると、その日のうちに食べるようになったが、永井さんは猫の繊細さをその時に初めて知ることになった。

2階から降りてきたしろにチャーがそっと近づく「お客さんこわくないよ」
2階から降りてきたしろにチャーがそっと近づく「お客さんこわくないよ」

「よかれと思って仲間を迎えたのに、チャーにとっては“裏切られた”感じだったのかな。急におとなびて、私に対して前よりよそよそしくなったんです……。猫同士で追いかけっこをしたりして、活動的にはなりましたけど」

 その後、チャーはしろのいる環境に慣れていき、食欲が落ちることもなくなった。 ただ、しろが結膜炎になり、それがチャーに移って、2匹交互に病院通いをして、最近、やっと落ち着いたのだという。

「いろいろと起こるから、2度目の子育てって感じですね」

家族とともに夜の至福の時

   社会人の長男、大学生の次男は、2匹の猫とよく遊ぶ。猫たちも“お兄ちゃん”が大好きで、特にお気に入りが、風呂上がりのマッサージタイムだ。

「次男が入浴後にほぼ裸で居間に来ると、湯気のたったホカホカの体に、しろとチャーが“待ってました”とばかりに飛び乗る。岩盤浴気分なのかな。温かな体の上で、頭や背中をなでられたり、もまれたりするのが、至福の時みたいです。ゴロゴロと喉を鳴らしてますよ」

次男に抱かれるしろ「遊んでくれてありがとにゃ」(提供写真)
次男に抱かれるしろ「遊んでくれてありがとにゃ」(提供写真)

   夜は2匹は決まって永井さんのベッドに潜り込んでくる。チャーは腕枕をせがみ、しろは永井さんの耳たぶを吸いたがるそうだ。

「チャーを寝かしつけたら、そっと腕を抜きます。しろは耳たぶを吸ってフミフミする癖があると、ボランティアさんから聞いていたのですが、家に来た頃、寝ている主人の耳を吸ったみたい(笑)。主人が寝ぼけて払いのけたら、しろが吹っ飛んで、それ以来、主人の布団には入らなくなりました。しろは最近は耳たぶではなく、パジャマのボタンなどをなめるようになりましたが、まだまだ赤ちゃんです」

男ばかりの食卓が華やぐ

   猫が2匹になって、何より変わったのは、食事前に家族が居間に集まるようになったことだ。男ばかりシーんとしていた食卓が賑やかになった。

「猫がキッチンに入らないように、食事の準備中は、居間で遊んでもらうなど、誰かに協力してもらわないといけない。だから夕飯前に家族は“食卓前にいないといけないルール”になったんです(笑)。うちは男ばかりで、昔から黙々とただ一生懸命に食べるのが常でしたが、猫が来てから食事中にも笑うことが増えました」

   息子たちが独立する日がやって来ても、猫はずっと一緒だ。プニプニした“猫の手”に、母はこれからも癒やされていくのだろう。

(関連記事) 突然、妻が家に小さな子猫を連れてきて… 中年男性の眠れぬ夜が始まった

藤村かおり
小説など創作活動を経て90年代からペットの取材を手がける。2011年~2017年「週刊朝日」記者。2017年から「sippo」ライター。猫歴約30年。今は16歳の黒猫イヌオと、2歳のキジ猫はっぴー(ふまたん)と暮らす。@megmilk8686

sippoのおすすめ企画

獣医師が解説 知っておきたい、猫と人をおびやかす寄生虫のこと

ときに健康を損なったり、命の危険すら及ぼしたりする寄生虫。愛猫のために、きちんと寄生虫の種類と対策を知っておくことは飼い主として必須です。

この特集について
ペットと人のものがたり
ペットはかけがえのない「家族」。飼い主との間には、それぞれにドラマがあります。犬・猫と人の心温まる物語をつづっています。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。