認知症になった老犬と、寄り添い支える猫 2匹の“愛”の記録

   認知症になった老犬。その犬が大好きな猫は、介護をするように寄り添った――。インスタグラムで人気を博した2匹の生活をまとめたフォトブック『くぅとしの 認知症の犬しのと介護猫くぅ』(辰巳出版)が発売された。その姿は見る者を温かな気持ちにさせてくれる。

(末尾に写真特集があります)

 著者は広島県在住の晴さん。登場する2匹は独身時代の晴さんが保護した飼い犬「しの」(メス)と飼い猫「くぅ」(オス)だ。

「しの」は2011年、路上を逃走している時に晴さんが発見し保護した。推定10歳以上。「くぅ」は翌年、子猫時代に保護した。2匹とも病気やけがをしており、当初はひどい状態だったが、晴さんが手厚いケアで快復させた。

手作りのサークルに入るくぅ(左)としの(辰巳出版提供)
手作りのサークルに入るくぅ(左)としの(辰巳出版提供)

大好きな老犬に寄り添う

   2匹は初め、庭の犬小屋と室内で別々に過ごしていたが、ある時、室内にいた「くぅ」が、屋外にいる「しの」を見かけて、一目惚れ。じっと見つめるなど、気にする様子を見せていた。

   晴さんの結婚を機に「しの」も室内飼いになり、「くぅ」と一つ屋根の下で一緒に生活するようになった。「くぅ」は「しの」の後をついて歩き、寄り添うようにして暮らした。

   だが、少しすると、「しの」は家具のすき間に挟まったり、円を描くようにぐるぐる歩いたり、認知症の症状が出はじめた。

   すると、「くぅ」は、大好きな「しの」を介護するようなしぐさを見せはじめる。

   弱った「しの」を背中や頭で支える。ぐるぐる回れば横にぴったりとくっついて誘導。「しの」のペースに合わせて、歩いたり止まったり。ひとりで動ける時は、そっと見守った。

しのに寄り添って歩くくぅ(辰巳出版提供)
しのに寄り添って歩くくぅ(辰巳出版提供)

犬と猫の「奇跡のような関係」

「くぅ」の行動について、晴さんはこう話す。

「“介護する”というようなことは、まったく想定していませんでした。寄り添って幸せそうに寝ているふたりの姿にはとても癒されましたし、食事介助の時、『くぅ』が『しの』のごはんを横取りする“ごはんドロボー”は、私を笑顔にしてくれました」

   認知症の進行とともに表情が乏しくなり、衰えていった「しの」だったが、「くぅ」が側にいるのがわかると、ふっと穏やかな顔になったという。そんな様子に晴さん自身、癒やされ、たくさんの写真で記録した。

くぅのぬくもりが一番の眠り薬(辰巳出版提供)
くぅのぬくもりが一番の眠り薬(辰巳出版提供)

   本書は発売2週間で重版。辰巳出版の本田真穂さんはいう。

老犬ならではの愛おしい姿やしぐさ、介護猫くぅちゃんが寄せる真っ直ぐな愛情、そしてこの奇跡のような関係をたくさんの人に読んでほしいです。動物は豊かな感情を持っていることが分かると思います。種の違いなど関係なく、ふたりの愛情はしっかりと伝わることを知ってほしいです

【関連記事】 兄弟みたいに仲良しの柴犬と猫 高い所も平気、一緒にお散歩

『くぅとしの 認知症の犬しのと介護猫くぅ』
発行:辰巳出版
著者:晴
体裁:A5変型判、112ページ、オールカラー
定価:1200円+税
藤村かおり
ペットライター。小説等の創作活動を経て90年代後半から、ペットの取材を手掛ける。2011年~2017年週刊朝日記者、2017年からsippoメインライター。丹念な取材と独自の目線から、動物と人の絆、動物と共に生きる人の心をすくい取る記事に定評がある。ペット関連の著書に『長寿猫』『明日にアクセス』など。現在は保護した黒猫、キジ猫と暮らす。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!